ついにパネルの設置も完了してオフグリッド システム、完成! EVへの普通充電も可能なすごいシステムで、9人家族の電気自給暮らしスタート。

何が一番悩んだかって、パネルの設置です。

どんなものでどのくらいの角度に設置するか、非常に悩み考えました。

タンカンを購入しようかとも思ってましたが、重いし屋根への設置が頭の中でうまくいかず、どうも美しくいかないのです。

結果、アルミの廃材ストックを引っ張り出してきて割と太くて長いビスで縫い付けていく形になりました。

結果、ほとんどお金もかからず綺麗に設置ができました。

広島市内で建設会社を経営する宇川建設の社長さんが手伝いに来てくださり、陣頭指揮をとってくれたおかげで作業は驚くほど順調かつ正確に進んでいきました。

二等辺三角形で直角を出してパネルを張る水平の墨を出して、雨漏りしないように波板の山に下穴を開けてビスで揉み込みます。


パネルは季節によって角度を変えれるようステンレスの蝶番で止めていますが、今は屋根の角度で割と太陽と直角に近いのかなという理由と、角度をつける仕組みが決まりきってないので、とりあえず2枚1組にアルミのチャンネルでパネルの頭を固定だけして、ベタ置きで放置することに。

7直2並列の14枚設置です。

配線して接続ボックスに繋ぎます。

ちゃんと電圧出ました!

解放電圧でやく40V負荷繋いだら32V×7直で224〜280Vの計算ですが、日暮れでしたのでこんなものでしょう。

パネルのスペックです。

285W×7直で1990Wです。

ハイブリッドインバーターへの入力が2000Wの2並列まで入れれるので、7直でほぼピッタリでした。

ちなみにパネルは昨年の7月豪雨による被災で被害を受けたソーラー発電所の廃棄予定パネルを、無料で譲っていただきました。

リーフのリチウムイオン電池と同じく、オフグリッド システムの要がリユースで構築されていることも、自分的には嬉しいポイントです。

↑アンドロイド端末でのみ入れれるアプリでブルートゥースで管理画面をモニタリングテスト中です。 我が家のシステムのコンピューター担当、篠崎さん。

パネルの配線も完了したので、今回のシステムの要、ハイブリッドインバーターのスイッチを入れて起動させました。

写真これしか撮ってなかったのですが、AC出力で233V出ています。設定で下限の220Vにしました。

ハイブリッドインバーターのAC出力は大きくて5000W出せます。ので、AC220Vが24Aくらい流せるのかな。

なので、ここの漏電ブレーカーはちょっと低めの20Aを入れました。ハイブリッドインバーターに無理をさせすぎない設定のつもりです。

今回のシステムは、何と言ってもこのハイブリッドインバーターあってのものです。

4000Wの太陽発電電気を入れることができ、そして5000WものAC出力があり、しかもEV普通充電が可能な220が出せて、なのにお値段7万円+送料1万くらいです。

すごいです。

震えるほど、すごいです。

ハイブリッドインバーターのパソコンでの管理の設定中ですが、ここもあと一息です。

こんな画面で全体をモニタリングや設定ができるので、ちゃんと使えたらすごく便利です。

パソコンの設定が整うまでは、このコントロールパネルで設定したりモニタリングします。

さっきの接続ボックスの出力と同じ値がPV出力として表示されています。

ここでAC220Vを家庭用100Vにして、その電気を宅内に引き込みます。

200V用のダウントランスなので、ちょっと220Vだと高めの電圧が出ちゃいますが、3日使ってみてどの電化製品も元気に動いてますので、オッケーと思います。

仕事用の電気だけコンセントの繋ぎ換えでグリッドとお日様を切り替えれるようにしてますが、全体は手動でガツンと切り替えれるようにしてます。

英語のマニュアルを夜な夜な読んで理解を進めています。

ようやく大体の使い方をマスターしたように思います。

ハイブリッドインバーターの使い方は、改めてそれ一本でブログにする予定です。

そしてついに、目標だったEVへのお日様充電できましたー!

これから我が家のEVは、自給自走です。

本当に嬉しいです。

そもそも、オフグリッド に着手した理由はEVを購入して走っていて、車としての素晴らしさやリチウムイオン電池の能力の高さに驚き、そしてこの車を自然エネルギーで走らせたいという欲求が猛烈に湧いてきました。

その流れで、EVのリチウムイオン電池をバラして家庭用の組電池としてリユースしてオフグリッド で暮らしている岡山のAki Hoさんのお話が耳に入り、昨年の暮れに見学させてもらってぜひ自分もやりたいので教えてくださいとお願いし、この度形になりました。

EVへのお日様普通充電はかなりな電力の供給が必要なので、お日様とバッテリーから電気を送ります。

1Aは我が家のランニング電力なので、13Aくらいでこの時は充電していると思います。

ちなみに、EVへの充電もコンセントを差し替えることでお日様とグリッドとを選ぶことができます。

天ぷらカーの使い方も一緒で、タダだし環境の為にと思って何が何でも天ぷら油で動こうとすると苦しくなります。

電気も、可能な時は出来るだけ自然エネルギーで、雨や曇りで心もとない時はグリッドからと、臨機応変な使い方で付き合い方を探っていこうと思っています。

ちなみに、仕事用の冷凍庫280〜300W二台とお米の低音貯蔵庫の電気は夜だけグリッドに繋いでます。

バッテリーが満充電で日暮れを迎えれば朝まで容量50%を残して持ちそうですが、昨日今日と日中は藤井さんのデロリアンや宮木さんの車や自分の車を充電していた為、バッテリーが70〜80%で夜を迎えています。

まだ試し運転期間ですので、しっかりデータを取ってから夜間のフルオフグリッド に突入したいと思ってます。

お昼はEV充電も含めてすべての電力を太陽で賄えています。平時であれば、逆に負荷が足らずにパネルがサボる時間も多そうな気配さえしてます。

家庭だけの予定のシステムでしたが、かなり行けそうなので欲が出て、上手に運用しながら仕事電気も自然エネルギーでいきたいなと思ってます。

まだまだ当分はシステムの補強やらなんやかんやでブームは続きそうですが、ひとまず素晴らしいシステムの完成をご報告いたします。

Aki Hoさん、宮木さんをはじめ、支えてくださった、応援してくださった、励ましてくださったすべての皆さんに、感謝です。

ありがとございました。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です