桜の山のオフグリッド計画⑤ バッテリー小屋の完成と、ハイブリッドインバーターの中身。

大雨で家の裏が崩れたときに釣って他所に持っていってた小屋が、帰ってきました。

土建屋さんの3tのクレーン仕様のユンボで動かして、ウチの2tのユンボで持ち帰ってきましたが。

ものすごく大変で危険で危なかったですが、なんとか無事にこの位置に帰還できました。

天井や壁や柱を簡単に修理して、さっそく機器を搬入しました。

長い間ピットがバッテリー置き場になってましたが、ようやくオイル交換できるようになりました。

リーフバッテリーの組電池を並べても、ハイブリッドインバーターわ置いている位置に作業スペースが作れます。

今後、パソコンで組電池の管理をしたり細かいチェックやメンテナンスや必要がある場合も、作業しやすい設計に組む予定です。

ハイブリッドインバーターのモニターも家の中まで引き回せるように準備完了。

オフグリッドの技術指導を頂いているFacebookのグループで、ハイブリッドインバーターの中が見てみたいとのご要望を頂いていたので、さっそく作業スペースで中を開いてみました。

左サイドの基盤です。

下部の配線接続部分。 ヒューズの予備が付いてきてたけど、あそこですね。いつどんな状況で切れるんだろう?

もっと細かい部分の詳しい写真が必要であれば、もう少しの間開いておこうと思いますのでリクエスト下さい。

着々と準備が進んでいます。

今月中には太陽光パネルで作った電気で暮らせるやうになりたいと、田植えの前の準備もそこそこにオフグリッドに向けて頑張ってます!

以下、リクエスト画像。

一部の人はこの写真で喜んで下さるそうです。

僕はまだまだこの写真では喜べませんので、

電気回路が分かるようになりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です