満開の桜の下、満天の天ぷらカー 完成。

桜の山は4月の第3日曜日にシンボルツリーの八重桜が満開を迎えます。

愛でたき満開の21日、昨年一年間我が家で研修した満天が 買ったばかりの車を持って来て、みんなで天ぷらカーにしました。

我が家で暮らしや生き方、農業のことなどを学んだ満天が次に選んだ道は、天ぷらカーに乗って各地で素敵に生きてる人や農業してる人を巡る旅に出ること。

しっかりバトンを渡せたなと、そしてウチの農場が一番綺麗な日に天ぷらカーが出来上がったこと、中々思い出に残る1日となりました。

まずは、出来たばかりの大屋根の下で車のフロントをアップ。

この車はオシャレで少し小さいタイヤを履いているので、手作りのジャンプ台に載せるのも一苦労でした(笑)

このハイエース、何とまだ9万キロ走ってないのです。

屋内保管で下回りにもサビなどなく、しかも10万キロ以下という、我々中古車乗りとしては新車レベルのピカピカ車両です。

お値段も超破格、本当に良い買い物しましたね。これは間違い無く、昨年一年間の師匠の指導が良かったのでしょう(キリッ)

、、、さて。

WVO化の話しを進めますと、熱交換器作り。

ディーゼル車の燃料である軽油より粘度の高い天ぷら油の廃油をエンジンで上手に燃焼させる為に、エンジンの排熱を利用(エンジンが温まると、常に85度くらいで循環している冷却水を利用)して天ぷら油を温める為の装置です。

僕の仕事はいつも、 水道用品で手作りできる熱交換器の「やまの式」 です。

やまのさん、この度もお世話になります!

リングジョイントに8mmのキリを通すのがポイントです。

じつはこの度リングジョイントの経を間違えて手配してしまったのですが(まぁ、よくある事。)、気がついたのが施工直近。こらヤベーなと思ってたら 近場の天ぷらカー乗り、慶くんが予備で持っていて、しかも奥様が本日我が家に遊びに来てくれる予定だった為に、今日の日の仕事に間に合いました。

やー、みんなの力で作り上げるベクトル働いてるなーと、妙なシンパシーを感じつつ。

おかげで当日なんの問題もなく、無事に熱交換器が組めました。


熱交換ヒーターホースの内々は2m、チーズとタケノコとホースジョイント部の銅管で15cm×2で、熱交換器自体の長さは2m30cmくらい。 もーほんの少し短くても良いなと毎回思いつつ、どうせなら長く熱交換器ライン取ろうと欲張ってしまい、割とキツキツな設置に毎回やる度になってますね、、、

そろそろ適切な長さを設置できる境地に達してみたいなと毎回思いつつ(笑)

今回はリアヒーターへの行きのラインを殺して熱交換器に置き換えてました。

ヒーターラインをしっかり止水してたので、ヒーターホースを切っても出てきたクーラントほんの少し。

すごく仕事がやりやすかったです。

この日のお昼ご飯は、同時イベントとして行っていた 自主保育の会 まんまる のお花見 と一緒に満開の桜の下で一息。

メインのイベントやりつつ、我々の食事もちゃんとお花見仕様で用意してくれてた嫁さんに、感謝!

しかしこの時、良い気持ちになって飲んだ2本のビールが後の作業に影響をおよぼすと、、分かってても、やっぱり飲んじゃうよね(笑)

さて、午後も元気な人たちを中心に作業は進みます。熱交換器を腹下に設置して、配管をつないでいきます。

前日に満天が組んでおいた3方弁手動切り替え装置に、各配管を確かめながら繋いでいきます。

非常に順調すぎて、我ながら怖くなるなと思っていたら、やはり配管を繋ぐ場所をことごとく間違えていました。

やー、えらい時間くったなー。

ビール一本なら、こんな事は起こらなかったのではと思いますが、あとの祭り。

でも、1年で一番綺麗な日のお昼なんだから、仕方ないですね。キリッ。

そんなプチトラブルも乗り越えつつ、やはり作業は快調に進んでいきます。

我が家でWVO化をやり出した当時からずっと手伝ってくれてるちゃん山のサポートのおかげです。

多謝!

燃料メーターも取り付けます。

システムはウチのグランドキャビン と丸々一緒です。上級者システムですが、それをずっと見てきてるから、そらが当たり前なんですね。

最初の改造としては求められる技術は中々に高いけど、頑張ってハードルを越えています。

さすが、10代です。

燃料メーターの配線には苦労してましたが、何とか無事に全てのシステムが完成しました。

燃料タンクは70Lのボンゴトラックの流用です。 メーターとセンダーの抵抗値もほぼほぼ一緒。

バッチリですね。

全部整ったので、天ぷら油を投入して。

軽油用のプライミングポンプでエアを抜いてエンジンをかけてから、タイミング見ながら切り替えて天ぷら配管のエアーを抜きながら天ぷら油を引っ張ってきます。

↑の写真は、配管に天ぷら油が入ってきたところ。

黄色い天ぷら油のラインがグルっと回ってるのが見て分かるでしょうか?

その後も変なエアーなど噛むことなく無事にシステムの装着完了と言い切れるレベルの状況を確認、エンジンも高回転までもちゃんと回りました。

満天の天ぷらカー、完成です!

この後、しっかりエアー抜くために近所をグルっと走ってきて天ぷらでも問題ない走りを確認しつつの試走も済ませてからの、打ち上げに。

(後日、水を足してようやく完成ですが。)

打ち上げは、満天の好きだったピザパーティー。

パン屋の息子のフクくんが切り分けます。

フクくんは、今年の専攻科生。

今年も我が家は愛農生に助けてもらいながら生き抜きます、フクくん よろしくお願いいたします!

しかし、打ち上げのピザが美味かった!

なんか知らんけど、今回の生地はムチムチふっくらでメチャクチャ美味しかったなぁ。

なんでも、食べ損ねた甘酒が効いて膨らみまくったとか。

生地、大事なんやなー。

で、この度は昨年1年間頑張ったからプレゼントしたこのチケットでのWVO化でした。

これ、忘れてたら20万円の請求書コースでしたが、残念ながらちゃんと持参してました(笑)

そしてこの日の夕方、電動バイクのメーカーさん、ISOLAの有安さんも寄ってくれてて、夜はちゃん山の手作りビールを飲みながらの 電気の自給の勉強会も始まり。

からの、オフグリッドキャンピングカーの有安さんの車見学。

みんな、興味津々です。

やー、おもろい人間が集まってます。。

なんとこの車は、車中泊暮らしように冷蔵庫やホットプレートが完備され、それらを動かすだけの蓄電池が搭載されています。

しかし、電気使用量の少ないエンゲルの冷蔵庫ではなく家庭用冷蔵庫な理由は、あえて買うのではなく不要になった品を有効活用したいからという、シビれるようなこだわりの男。

バッテリーを見せてもらうとあらビックリ、流石は電動バイクのメーカーの社長です。

車内には4kwhのリチウムイオン電池×2と、予備に1kwhのリチウムイオン。。

これは、有安さんが自宅の蓄電池ように自分のために設計した電池だそうです。

車中泊での一人暮らしならば、電気に関してだけ言えば すんごいゆとりのある暮らしが送れそうですね。

そんな充実した1日を過ごしつつ、出発前まで我が家のオフグリッドのシステムについてアドバイスくれながら帰路についた有安さん、と同時に僕の電話が鳴り、真空管温水器の日本エコルの社長から、もうすぐ着きますとのこと。

ああそうか、これから実家で温水器設置するんだったと大慌て。

あれ、天ぷらカーって完成したんだっけ?

そんな、バタバタ音を立てて過ぎていく農繁期に色々やってるので、頭パンクしてます(笑)

そういえば本日は塩水選&温湯消毒の日でした。

これまた、作業直前に計算してなんとか間に合った。

かなり毎日綱渡りながら、ああ、今日も駆け抜けました。

じゃけかな、毎晩飲むビールが美味かなってきましたー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です