天ぷらカーで舞鶴に里帰り。

嫁さんの実家へ法事で里帰りしていました。
大雨での被災で心も身体もかなり参ってはいたなと思いますが、少し現場を離れれることで気持ちも体力も持ち直せました。
今日は天ぷらカーの話です。
平成13年式  グランドキャビン 
1kz  3000Dターボ 
145000km  です。
よく走ります。
日野のトラック用の新品の100Lの燃料タンクのチョイスがバッチリでした。
舞鶴までは片道320kmほど。
燃料をギリギリまで入れて出発します。
燃料メーターとセンダーの抵抗値もほぼドンピシャで、かなり正確なタンクの状態を示してくれています。
走り出し。
そして3時間半のドライブで舞鶴到着。
3日ぶりくらいにチョロゲと再会。
法事は14日で、その後数日子供と嫁さんは舞鶴でお世話になっていて、水道の再開と同時に学校が始まっる連絡を受け、急いで迎えに来たのでした。
走行距離  319km
軽油の燃料メーターの変化がないことも確認してもらえます。
天ぷらタンクはなんと半分に!
45Lくらい消費したと考えると、7km/Lくらいの計算でしょうか。
大きな車体で昼のドライブだったのでエアコンもバンバン回しました。
よい仕事してくれる車ですが、中々に軽油で乗っていたら厳しい燃費ですね。
この日は舞鶴で、おじいちゃんとドカちゃんのお誕生日会でした。
みんなでお誕生日の歌をうたってケーキを食べてから、また広島に向けてドライブ。
10時に出て2時に到着。   ちょっと眠くて途中休憩したので4時間かかりましたね。
おんなじ道を同じように走ったので、やはり帰りも319kmでした。
燃料メーターを見る限り、残りは10〜15Lというところでしょうか。
この度は舞鶴を2往復しましたが、我が家で100Lの燃料タンクを満タンにして出れば、多少舞鶴で動いたとしても無事に広島まで帰ってこれる事が確認できました。
家族で移動するときは、荷物もすごく大量になるので、ポリタンクで天ぷら油を持って行かなくてよいのはすごく助かります。
大型タンクのWVOシステム、我が家の長距離移動にピッタリバッチリな仕様であることが改めて確認でき、本当に良い車に仕上がったなと悦に浸った舞鶴からの帰り道でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です