そうだ、サイクロン掃除機を作ろう!

あ、今回は精米機の話です。   題名を飛躍させてスミマセン(笑)
{0280B299-770B-463F-B0E6-5CF3A11957F6}
じつは新しい精米機を購入しました。
カンリウのSR-501EKという、ブロアで米ヌカを飛ばしてくれるタイプのやつです。
オークションで4500円也。

{A1FBF218-C8C7-4C45-9A6F-6D9B217727DD}
横につけるこのサイクロンの部分が欠品してたのと、動作確認出来ないとのことでの格安購入でした。
で、調べて発見してサイクロンを購入してつけて見たのですが、これが面白い!
あ、サイクロンは2700円也。
{2D76A03E-7BBA-4B82-8A19-415C48D8B36F}

あ、吸気のとこ閉まってる状態だ、、けど、お米の出口にブロアの吸気口があって、ここで米ヌカを吸い取りながらお米に風当てて擦られて熱持った米を冷やす仕組み。
{A9EF76F8-DDD6-4C8C-AAFC-25DB476030C9}
分かりにくいけど、右端の丸いのがブロア。
スリ棒がある下に米ヌカが落ちる場所がシルバーの三角。
あそこで擦ってる部分を冷やしながら米ヌカを外に吸い出してる仕様です。
これ考えた人、偉いです。

{FDDBC912-D2A3-48A7-A27B-B475B42EA27B}
で、ブロアで押しだされたエアーは上に抜けて(こののぞき穴ね。)、米ヌカだけがサイクロンで下に落ちてるのが面白くて、面白くて。
あ、このまんまのシステムでサイクロン掃除機を作ったら、「吸引力の低下しないただ1つの掃除機」が作れるじゃないか!!!
と、、心踊ったのです。
さっそく関係先に電話したら、あなたの好みは分からないから、適当に何台か掃除機用意しとくわね、とのお返事。
大人のサンタさん、いつも感謝です!
そのうち、改造サイクロン掃除機が完成して、台所の土間の砂埃に完全勝利出来た日には、再びブログにて報告したいと思います。
本日のブログ、あとは、、、
我が家のお米の出荷風景です。

{762CA3B9-FA12-442D-9E4F-4D27D7FEB376}

石貫き機。

{868D5618-9043-4291-BA29-99A58DD6B38A}
この網がユサユサと揺れる揺動式で、石は上に集まり、お米は下へ出てきます。 シンプルだけど、良い仕事します。
岡山の中古農機具屋さんで確か1万也。

{38E8A3DC-4247-4729-B0B1-91C5FD77A8D7}
たまに石を出します。
石は一番奥に集まってるので、少し出せばオッケー。  お米も混ざって出てくるのでその後の分別も考えて、少しだけ出すのがポイントです。
後ろから出した米は、選別するけど石が混ざってたらいけないので自家用となります。

{7D8BFF09-667C-42C6-86DE-1598320B6B3F}
で、、計量器で注文にそって仕上げていきます。
去年買ったほぼ1シーズンしか使用してない選別計量器、近所の個人の農機具やから10万也。
稲刈りして籾摺りした後でも、これだけの機械が必要なのですから、米作りはほんとにいかにお金をかけずにやるかだと思います。
そんな訳で、ボロを買って修理して使うスキルが上がるのです。

{B60A0C3C-8A8
0-43DF-9DAA-902DD9F03597}

{73AC3E05-E706-49BB-9E70-5BA5D45C4F1F}
このたび購入のカンリウの精米機、この辺をバラすのも簡単で作りもとてもシッカリしていて良いです。
もちろん、購入後すぐにバラバラにして水洗いしてピカピカにして組み直してます。
ただ、このマシーンは3分つきとか玄米に傷をつけるだけとかの、少ししか圧力を加えない仕事は苦手みたいで、せいぜい5分つきくらいからです。
{2DD6E4DA-AB26-4C2A-A113-C88CD3E57BAB}
なので、前まで使ってた精米機は誰かにあげようかと思ってたけど、これも置いとかなければ細かい仕事に対応できなく、その辺りが残念。

{B306C19E-2B04-4CA1-949F-CA829DA251C2}
でも、精米スピードは格段に上がったし、特に夏場はお米が熱を持つため食味の低下が懸念されたり、精米後どうしても付いてくる米ヌカが酸化して米袋に油染みを作ってしまうことも多々。
そういった事への対処として、今回はとても費用対効果が大きいのではと思っています。

{10E91F16-9D84-47CF-B925-4D7A437AF5DD}
準備したお米は出荷部屋へと運び、ここで伝票と一緒にパッキングしてお肉を取ってない人にはお便りも入れて、ゆうパックにて発送してます。
県内 500円
中国地方 600円
四国・関西・九州 700円
関東 800円
だったと思います。
〜30kgまで発送可。

{90D311C0-6FA5-47A6-A834-30C76043F3FA}
玄米  540円/kg
精米  600円/kg
もし、ご興味ある方はご連絡ください。
090-8245-9595
0848-66-1927(Fax)
(年間予約のお客さんから優先して送らせてもらってます。  今年の在庫はもお厳しいかもしれないけど、予約してもらったら来年度の新米からはたぶん食べていただけます。)

{C2D377E1-F2D9-41FA-8A60-1D7535CD867E}
20kgでの発送が割と多く、ジャストサイズのりんご箱をとても重宝しております。
家で綺麗なりんご箱が遊んでいましたら、ぜひにリユースさせてください。
ギブ・ミー・プリーズ リンゴ箱 デス。
よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です