沢山の薪という名の建材をいただきました。

{D00B3902-A248-4A64-9351-C8E85924E809}
天高く豚太る秋、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
今日から小学校も始まりだし、上の子供らは制服に着替えて朝から学校へ行きました。
この写真は夕方、嫁さんも一緒にトラックで迎えに行ったのでキャビンはいっぱい。子供達は荷台の拾った長椅子に乗って帰ろうとしてるときの絵。
衣食住、教育、医療、福祉、娯楽、エトセトラ。
生きていく上で必要な沢山の事が満たされてる今の我々の社会で、今日も心から幸せだったと感じてる人が何人いるのでしょうか。
ちょっと足りない方が、少し不便な方が、今ある恵まれた幸せを じつはちゃんと認識できたりするのかなとも、ふと思ってみたりしました。
やー、こんな事思うのも 秋だからかな。
{6ABC6FAB-B57F-441A-92D8-69F43DAD3D75}
足場屋さんが、使わなくなった足場を組むときに使用する6mものの木を持ってきてくれました。

{C0CA0177-4388-4E68-9013-0CE9B6CA7EC4}
4tのロングが我が家まで入ってこれるようになりました、これも少し感慨深い(>_<)
持ってきてもらった材は腐ってる部分や痛んでる部分はほぼ無くて、ホントに立派。
名目としては焚き物に使ってくれとの事ですが、建設を始めた堆肥舎にも使用させてもらいます。
他にも、新しい薪小屋建設やイベントの時にはティピなんかも立派なものが作れそうです。
なんせ6mもありますけんね、色々できることやりたい事が広がります。

{E708AA0D-9434-4EB4-A6A8-3E8DCAB73630}
薪にしたら良さそうな半端なものも沢山頂きました。よく乾いた 杉やヒノキと少々の松なので、煮炊きや風呂焚きには最適です。
足場屋さんにしてみたら本来ならお金がかかるはずの廃棄物処理が喜んで引き取ってくれるんで、こんな山の細道の先まで運んできてくれるのです。
お互い、嬉しいし気持ちよいやり取りができました。
そんな訳で我が家は、心も焚き物も建材も満たされまして。 子供達もみんな元気だし、毎度3食のご飯が美味しいし、毎晩のビールもたまらんです。
 
衣食住その他に満たされて暮らせてる今の社会はメチャクチャ恵まれてるはずだけど、逆に満たされてることに慣れてしまい、その恵みに感謝できなくなってしまってないでしょうか。(2回目笑)
今の僕らの時代、僕らの暮らしは、見方によってはものすごく恵まれたよい時代だと思いますし、でもそう感じれるか感じれないかは人それぞれなのかも知れません。
自分の人生、毎日楽しく生きていきたいもんだと思う、秋の夜でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です