ボチボチ進んでる堆肥舎建築。

本日朝、長男の生まれ年に作った梅干しが出てきました。
{0880E5EE-ADFF-4397-827B-7CE5B2F77E75}
生まれ年のワインとかは聞くけど、自家製の梅干しは中々に珍しいのではないでしょうか。
現在、9年物。

{A16C0B29-163B-4DF2-8C00-892E3461CC60}
この壷田さんの作った梅干し壷に、あと3〜4回分あるそう。
これは食べるけど、残りは長男の成人式までとっておこうかと話しました。
ちゃんと残してて、しかもちゃんと覚えてれば 焼酎に梅干し入れて、乾杯すんのかな(笑)

{89FEAA70-EF52-4C0F-A493-8B6941E75F16}
海へ行ったり山へ行ったり田んぼのイノシシ対策してたりと、中々に堆肥舎建築のほうが進んでないけど、2時間みとけば一段積めるくらいのペースで空いた時間を見つけては進めてます。

{C63ABB73-286F-4223-AA4E-93D4DB84DBAA}
20mmくらい両端が低いみたいで、一段ずつ調整しながら最終的に水平にもってけるように積んでいます。

{55BD7409-73FE-4E1C-B0C7-1F15EB033A3F}
ブロック積みは両端を結んだ水糸に合わせて積んでいきます。

{57CF68B2-8FEB-44D9-AE7B-0234479C6DD5}
順序として、よく乾いてるブロックを水につけ。

{C89D4503-5FEC-42BD-90DC-E473B200FEFB}
下のブロックにもなるべくシッカリ水打って。

{9C2233B9-D678-428F-8B80-DEC4D6CC97E8}
モルタルを盛る。
あのブロック積み型は、全然使えませんでした。 コテの方が余裕で早い。
やー、2000円損してしまいました。

{2324801F-44BD-4B7C-A13F-02E73A57D8FF}

{D93BD737-64EF-4153-803C-A1DEC6C84237}
で、乗っけただけだと必ず左右の傾きがあるので水平見ながらハンマーで叩いて落ち着かせてく。

{465D6848-BC3E-4CE4-B35A-9AA4DDE5842C}
両サイド決めたら水糸を張る。

{B0D32033-7A2C-44A1-9C6E-F4727468E4E7}
そして、水糸にそってかつ水平器で水平みながら置いていく。
今回は、縦の目地は無しで積んでます。
その方が早いから。

{31A07636-8293-4C1A-AE98-ED393B036C51}
写真だと、綺麗に積めてるように見えて気持ち良いですね(笑)
まだ暑いから、日中は豚も昼寝してんのかなき声とか全然なくて、山の中で鳥の声を聞きながら子供らの叫び声を聞かずに黙々と作業に没頭できる、至福のブロック積み。
ああ、ワシの幸せってここにある(笑)
{8DDE3AC3-320C-4839-9B14-1EE0F55A3A3E}
高低差を一段につき5mmくらい調整できてるかなーと。
最後には、全部が水糸に揃ってれば良しを目標に作業してます。
お金もらってるプロの仕事ではないので、これでヨシです。

{D6FFA77C-40D4-441B-907C-4736957F0B18}
3段目に鉄筋入れることにしました。
あらかじめ穴を開けてた土間に鉄筋を挿していきます。

{397B31D2-F9A6-411B-B5E8-29A2AFDF4846}
今日は宿題の追い込みするはずの長男は、ヤル気が出ないと言って遊びに来たので手伝ってもらいました。
梅干しパワーでよく働きました^_^

{129D09B4-6062-422E-834B-2B4A90D1CD40}
縦の鉄筋も横の鉄筋も、真ん中にくるように気をつけながらトントンしながらモルタルを入れてきます。

{17F87A67-2A7B-44FB-922A-F16089839E83}
昨日、久々に夕立があったのでブロックも多少湿気を含んでおるはずです。
モルタルは急激に乾くのは良くないそうなので、雨ナイスタイミングです。
本日は午後は豚肉出荷と、こんな感じで2〜3日に半日づつくらいのペースで進んでます。
田んぼも畑もやらないけんし、豚の餌作りとかもあるしね。
でも、ホントに楽しい建築時間。
堆肥舎、年内に完成すると良いな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です