天ぷらトラクターの、ロータリーオイルとロータリーギアボックスのオイル交換。

「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、

国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。」

(日本国憲法第12条)

SEALDsの選挙に向けて沢山の人に分かりやすく色々伝えてくれてるページの中の、とても素晴らしいメッセージをリンクします。
ページの中には沢山の人が自分の言葉でメッセージを届けてくれてたり、選挙についての決まりやら事細かに、濃い情報が沢山まとめてまります。
よければ覗いてみてください。
~・~・~・本日のブログ~・~・~・4
いよいよ明日で最後の田植え。
これは、苗代の代かきをしてる途中で子供たちに捕まっての記念撮影でした^_^
{B22D026C-3BBB-46D4-80B7-44B5C19A45DF}

こちらのトラクター、ヤンマーのF195というそんなに新しい代物ではなくてですね、ただいま自動水平、自動耕深はともに故障して使えず、常に深さと高さを手動で調節しなくてはならず、昼飯後などの眠い時間帯での作業はとても過酷です。
あと、前輪の左軸からのオイル漏れと排気バルブのシール劣化による圧抜けとオイル下がりと排気の臭いに悩まされてますが、天ぷら油の燃料でよく働いてくれる大切な相棒です。
{7A3C0D89-4241-4BA6-B2A7-DA541ABD43A7}
とくに今時期、代かき用の浅く広く耕せるロータリーのハローを装着しての自動水平無しでの代かきは、トラクターが傾いたりすると片方の端が浮いてたりするもんで、田植えの時にちゃんと耕せてなかった部分が出てきてしまい、そこにはすでに草が生えてたり、、、なんてことも毎年起こるわけで。

{FBE92752-C889-45EF-B46D-423997FC68A4}
こうして後ろを見て水平を確認しながら、目印のない水面を真っ直ぐ耕していかねばなりません。
無農薬で米を作る方法の1つとして、代かきしてしばらく水を張っておいて表面の土を微生物にトロトロにしてもらい、草が生えた頃にもう一度代かきして生え出した草とこれから生える草の種を浮かせ、その後田植えをするというやり方があります。
『う・ま・く・や・る・と!』ホントに草が生えないようなったり、生えてきても絶対数がすごく減ったりと効果は大きいのですが、2度目の代かきをたっぷり水を張って行わなくてはならず、トラクターがどこまで耕したか、この場所は通ったのか通ってなかったのか段々分からなくなるという作業の難しさもあります。
ちなみに毎年あまりうまくいってません(>_<)
こんな風に、子供に捕まって一緒にドライブ代かきなんてしてると、余計です(笑)

{DFB417D4-84A0-4604-A328-3FAB8A8C4EFE}
応援どかちゃん^_^

{3B456E30-CBF2-42FA-88C5-D510735483BC}
そんなこんなでやっとこ今年の代かきもやり切りましたちょうど一町部。
なんやかんやで一枚の田んぼを3~4回は代かきしてますので、トラクターの使用状況は中々に過酷です。
ロータリーの爪は減るけど、燃料は天ぷら油なのでランニングコスト的にはとても助かってます。(じゃないと何度も何度も代かきして効果も大したことなかったら、石油捨ててるみたいな意味でもなかなか気持ち良くできないですしね)
今年は代かきの途中でエンジンオイルの交換してたので、ちょうどピットに作業道具一式ありまして、せっかくなのでこのタイミングでロータリーのオイル交換もしてみようと思い立ちました。
ちなみに、オヤジから売ってもらったこのトラクターのロータリーオイル交換は今まで僕はしたことありません!(エンジンオイルの交換すらしないオヤジは、たぶんロータリーのオイル交換もしたことな、、)
ちょっとネット調べると、ロ
ータリーオイルの交換も毎年するように推奨されてますね。
ロータリーさん、今までちゃんと動いてくれててありがとう!

{A0B3E5F0-B52F-40C9-B462-075186EF9E30}
あ、こちらは代かきの途中でチェーンケースケのカバーに穴開き発見して急遽の溶接補強。
まぁ、格好は良くないけどこれで10年は持つんじゃないかな。
オイル交換してないのもマズイけど、チェーンケースに穴が空いたら一発アウトと思います。  ここは、一応要チェックしてました。

{01E8B413-154B-4D88-AF3D-772DADA41E45}
ここ、我が家の第二ピット(笑)
勝手に屋根(道路)の下をお借りしてまして、田んぼの仕事道具は大体ここに置いてます。
山にトラクター持って上がるのは手間なので、ここでオイル交換や簡単な整備はやってます。

{EF2C25EB-C42A-4453-BEB6-C68097B2F4B5}
ロータリーのオイルはギアオイルと呼ばれてるオイルの#90とい粘度のものを使用します。

{2329A45A-814C-4D17-BD01-DC20613555A3}
ドレーンを外して汚れたオイルを抜くため、なるべく傾けて一晩おいた後、ロータリー水平にして検油ボルトを外して給油。
検油ボルトの穴から出てきたらオッケーと言う形でハローのチェーンオイル交換完了。

{0856702A-D30E-4707-8379-C8F302BA72F6}
ついでに耕運用のロータリーのオイル交換もやりました。
こっちのロータリーのチェーンケースは5年くらい前だったかな、穴が空いたので溶接補強しました。
現状、まだまだ穴なんてあく様子もなく、ビクともしてません。
溶接補給は安価で効果抜群です。

{2FFAD67C-3C82-4FE7-8976-619A76519B2E}
ロータリーオイルとロータリーギアオイル抜いて、新しいオイル入れて、まだなんとか小雨だったのでサクッと大豆の予定畑を耕してきました。
フィーリングは変化なし。
まぁ、整備すると大事にしようという気持ちと色々不具合がないか見ようとする気持ちが湧くので、愛着がわきます。 自分でやる大きなメリットだと思います。
さてと、次はフロントタイヤの軸からのオイル漏れと、排気バルブのシール交換しなきゃな。
やー、、、
普通なら買い換え考えたぬなるレベルだなってくらい不具合続出(笑)
トラクターが普通に仕事するならバシバシ治すけど、自動水平と自動耕深がまるでダメだと中々に仕事し辛いです。
いつ買い換えを決意しなくちゃならん日が訪れるか分からんので、いちいちヤンマーさんに頼んで大金かけてバシバシ治してらんないから、時間ある時にボチボチ自分でやるしかないんですね。
さー、また雨の日にでも楽しい修理、やってこーか!
{E96D97D9-ABC2-468C-AD68-8061D56AA46B}
あ、今回ちなみに耕運ロータリーの検油ボルトをブチ切りました(>_<)
あの程度のトルクで切れてんじゃねー‼︎ と切れたボルトにキレてみました。
ちゃん ちゃんと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です