車検前、ハイエースのドライブシャフトブーツの交換。

車検前の家でできる整備、先日はヘッドライトのアジャスターボルトの交換やりましたが、この度はドライブシャフトブーツが破れてたのでその交換です。
{37C03FBF-C213-4525-A1C6-2247E499207A}
まずはピットイン。

{036B249A-628B-4237-B5BE-819FBD5EEEFF}
ちなみに手作りピットはこんな感じ。
使ってみた感想は、、
ちょっと狭い(笑)  
オイル交換くらいは何ともないけど、ガッツリ整備とかにはね、、
わざわざ作らなくてもって話でした(>_<)
あ、でも醤油やドブロクの貯蔵庫としてはベラボーに優秀なスペースでした(笑)

{296B022F-90E5-4117-A1A7-04D9D39C0C7A}
でもまぁ、せっかく作ったピットなのでちゃんと使って作業したいと思います。

{DFD05189-7DDB-4F6F-875D-17E29EEE63A3}
ドライブシャフトブーツはここ。
ずいぶん前に、あー破れてるわと確認はしてたけど、中々にすぐの処置にはいたらず。

{78A323E5-B0E6-4EE5-ABD6-53D9CC567ED6}
こんな感じに破れてます。
周辺もグリスが飛び散って汚れてますね。
{B9BE06D8-D14B-4E1C-90D4-D6828CC9573A}
ちなみに反対はこんな感じ。
当然、破れてたら車検は通りません。
{B61FA69E-50F6-465F-B922-5247E32E864B}
で、ヤフオクで分割式のブーツ購入。
3500円くらいだったかな。

{EC1920BA-8C59-4706-8076-E1B9BA0FDBB3}
箱の中のパーツはこんな感じ。

{F7A84E09-5EC4-4DF0-9516-3196447A3052}
では、破れたブーツのとめ金を外していきます。
マイナスドライバーでこじったら、簡単に外れます。

{AAAA0B96-3898-470E-BEA4-9D7E6AE29FF2}
二箇所のとめ金を外して、ブーツを切っていきます。

{07FF02D4-C3E8-4984-9264-29148915973C}
新旧、交代です。

{6258A585-BD57-4183-A6EB-C9CC4EB9159D}
新しいブーツをつける前に、グリスでベトベト汚いので掃除します。

{E4EF5B5F-B940-40A2-8D95-E9E6ECD2DD47}
ボロ布とかで綺麗に拭いて、こんな状態に。
無舗装土道を毎日走ってるから、そこらへんから砂やらがパラパラしてくるから、中々に綺麗にするのは難儀します。

{BEFFB283-C793-4628-BF06-B52F72C43382}
泥を落とさないようにしながら、新しいグリスを充填して。

{5B16BA72-BC41-46A3-9985-27EF99BAF5E2}

ブーツを履かせて大事な可動部を保護。

そうゆう役目の場所ね、ドライブシャフトブーツは。
基本的に分割式はプロから言わせれば邪道らしいけど、まーワシは素人だからね(笑)
{C1303086-9EC0-4C5D-A8E2-83EDAD24C154}
ヒダヒダに接着剤塗って、パチンパチンと継ぎ目を合わせていきます。
あたりは狭くて泥と砂とグリスで汚れてて、んー、まあ手は汚れましたね(笑)

{227A7162-0A25-4E2B-B39C-C6C6ED17EAF3}

バンドを巻いて、作業終了!   

周りの汚れもエアーで多少飛ばしたけど、まぁまたスグ汚れるのよね(>_<)
しょーがないけいんだけど。
ピット作って良かったのは、下回りがしっかり見れることでしょう。
オイル交換の度にブーツやオイル漏れなどしてないか、マフラーとか穴あいてないかチェックできるので、痛んでたら自分で直すか頼むかとか考えながら乗れます。
自分の身体も自分の車も、セルフケアが楽しいし大事と思うし、ちゃんと向き合ってたら見える範囲や出来ることが増えてくるんですよね。
で、それが楽しいのです^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です