キム・ソンウォンさん指導のオンドルワークショップ②

ワークショップ初日、午後からの作業の様子です。
{ABF209AB-7C33-4DC3-9FAA-20AF5302B65B:01}
前準備で、グルっとケイカル板で囲ってあります。
わずかに下にある隙間も、土を練って埋めていきます。

{A254F26A-1857-4DD4-9CC6-8F59AF9BF5CF:01}
煙道の天板がくる予定の床の面から10cm下がりに墨うって、そこにトップがあうようにブロックを積みます。
どうやって炭まで組むか思案中。

{BF2B77A6-C853-4CC8-9928-AECE1A318F48:01}
墨とケイカル板の隙間に土が、塗ってあるのが分かります。

{AD84A46B-A716-4D1E-A324-34D2AEF91CE1:01}
事前準備で掘り過ぎてしまってた燃焼室の穴を埋め戻し中。

{ADA0C32A-0A22-450E-ACF4-409AB12C3604:01}
オンドルの大敵は湿気。
湿気を上がってこなくするため、ビニールで覆います。

{2E9C696B-E0E0-4FA1-B190-78A793043DA9:01}

{31AEC894-E2AB-482D-BA7F-68E386E966B4:01}

{5FF11DB9-6DED-4A51-BBD1-E08BDD0AA667:01}

{B6C949D7-9E05-4CF1-B5AB-72B954E7FA60:01}
燃焼室の下はとっても高温になる為、パーライトとモルタルと少しの砂を練って、断熱層をつくる。

{6C560D0C-55CE-459B-953F-0C7A2A273019:01}

{80DDD706-7DD0-4D1E-876A-BE43B9267807:01}
ビニールの上に捨てコンみたいな形でモルタルを敷いて、ブロック積んできます。

{E92814B9-0A26-4FD4-B0D6-E3BA1773AADC:01}
燃焼室の床、耐火煉瓦。

{D823063E-969B-4A86-8551-1108A85D5BCE:01}

{BC3EA56A-72CD-46E5-A560-7C844E87EF1D:01}
いよいよ墨の位置に。
みんな器用にピッタリ合わせていきます。
三箇所バラバラにやってるのに、たいしたもんです。
え、当たり前⁈ 

{06D6DC6F-178F-4313-BA7A-2B3984C5300D:01}

{13296485-7D55-421B-97DF-4A186514A1DD:01}

{50A606F0-E588-4EDA-9D0
F-CFCA5696FE47:01}

{947CEADC-F2A0-4CCA-AA5A-23AF1EBA7B88:01}

{B2EAF10A-DD9E-4737-8B92-85C9F25B6BE3:01}
燃焼室、だいぶ形になってきました。

{03F2C0CA-6853-49A4-9009-8773A6AB7836:01}
排気用の煙道の位置決めです。

{14AE5807-0ECB-4DDB-8F7C-222487F2B503:01}

{BBB86CCA-058B-4A5B-A4A4-D0BCDF24EBAB:01}

{143C0196-7703-4ABB-B20F-27FBB4B02C37:01}
燃焼室と排煙の位置関係が、とても大切なんだそうです。
今日は作業もブログも駆け足でここまで。
眠くてもーダメ>_<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です