ハッタンズリのレポート

先日、ハッタンズリの事を紹介したら、手作りする為に詳細な写真のリクエストをいただきましたので レポートします。
{3381542A-FA93-429C-B2DE-A3395841E433:01}
田んぼの近くの橋の下を、勝手に我が家の農機具置き場にしてます(笑)
田ぐるまは、弟とオヤジのと僕のと。 いま二連のスマートなやつが横除草の為、出張中です。

{5B3117D1-2387-42AA-A412-90EF2F1B61B5:01}
で、ハッタンズリ。

{50DD7E5E-B526-4AA6-9958-CE96512B1BE8:01}
まずは、一番モノがシッカリしてる新入りさん。

{CE7965E3-6F7B-4DB3-AE88-192BA9CF6265:01}
こんな爪がついてます。

{F9779FBD-9F94-4AD6-9FB6-8C0AB69BC499:01}
出っ張りとしては大した事ないけど、初期除草にはこれで十分、しっかり草を引きずり抜いてやっつけていけます。

{A5046CCA-E51F-400F-A906-7458178F2FE7:01}
三回撮りました。
キメ顔で自我取り、見てて恥ずかしいですね(笑)
地面に立てると、167cmの僕と大体同じ高さです。
結構長いです。
柄が長いと、四条とか六条とかまとめてズリズリやっつけれます。

{C93FA571-9604-4B0D-862D-DE9DC1A6297B:01}
これはショボイの。

{F18463AF-0698-4759-87FD-5E9FAF501D0A:01}
でも、こんなんでもしっかり仕事はするんですよ。

{EA4F7E7F-21E3-42A0-8658-2F5A93BE9ED9:01}
角度キメる棒っこが効かなくなってたので、いい加減な添え木がビスでもんであります。

{D48EC26E-C5EE-4FAB-918D-5EE80AC19689:01}
これは、コナギが大きくなってしまった時の最終兵器。
できれば使いたくない一品です。

{B239ADBA-FB9A-4BF4-95A9-5623461A695F:01}
ビスで足出して、それらをステンレスの針金で繋いでます。
これで、ある程度大きくなってしっかり根の張ったコナギも面白いようにとれます。

{B91DA87D-98F9-436E-BCBD-94C644627F20:01}
この、去年のコナギの根っこが残ってるあたりが、このハッタンズリの強力さを物語っています。

{76394478-75E9-4760-A521-712DE096BE90:01}
ほかのが周りは鉄で作られてるのに対し、これは全部木で作られてます。
なんか、色々修理しながら使って、、たように記憶してるけど、悔しき事にあんま覚えてない。。
あれ、ガッツりとオーバーホールしたんだけっけかな。

{A903DC2B-E9B1-43F4-A912-308E237DC985:01}
先端は木だと摩擦で?痩せてガタガタになるのでプロテクター。
ホウキのように立てて履くように稲の株周りの除草の為、トップにもビスです。

{5EB7414B-AE21-4B35-8339-E458FB8D3926:01}
こいつなら、割とすぐに形にできるのかなと思います。
もし自作される方は、幅が株間と同じくらいに広いのと、2/3くらいのと二台用意するとよいとおもいます。 
細いのは、稲が大きくなって株間が狭くなった時用なので、針金等でカスタマイズするのも良いかもしれません。
除草機の幅が狭くて、時間かけて終わらせた初期除草の田に、二度ズリ等でしっかり寄せれてなかった為か コナギが片側の株元にシッカリ残ってる絵を見なくてはならないのは残酷です>_<
田ぐるまもハッタンズリも、なるべく株間ピッタリが良い仕事してくれると感じてます。
以上、我が家のハッタンズリレポートでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です