田ズリング。

友人知人のブログやFacebookを見ると、みんな田んぼの除草の話題。
我が家も例に漏れず田んぼの草取り真っ最中です。
{F97A1F72-7251-4EC4-A848-880941B7B6EC:01}
こちら、ハッタンズリと呼ばれてる除草機。  解体される農家の納屋などからサルベージしていまやフェチかコレクターかと思うほど物持ちに!
使う人間は一人なのにねー(涙)
早生のコシヒカリ、五反植え終えまして、一反五畝✖︎2枚、あわせて三反の田を二回ばかし田ぐるま押しまして。
ちなみに二反の田はアゾラが酷くて除草に入れません>_<
そこの田んぼは、アゾラ除草が成功することを祈るばかり。

{13931632-0DC4-4FA6-BFC7-EE54F7FE7ABB:01}
これ、一旦五畝の田んぼです、
そして、条間は田ぐるまで綺麗に除草できた田に、今度は株間除草に入ります。

{2A508E4C-15CD-4AE6-B386-A3C4E2DA4F29:01}
こんな感じでゴシゴシやってきます。
名付けて田ズリンク。

{605D92C0-5A03-439D-8184-35BAF9A7D78C:01}
ひたすら、黙々と、淡々と、粛々と、、
ただただ一人で向き合う自然の雄大さ、スローな時間の流れ、単調で心地よい作業、それらの時間を楽しめる贅沢。
一反五畝、半日✖︎三日で大体綺麗になります。

{724ED196-11A3-437B-BB4F-A668FC514E33:01}
田ズリング、終了の姿。
え、どこが違うかわからない?
そーでしょうよ(笑)
だって草が生えてたってこの距離からは見えないからね。
でも、見えるようになってたらの処置では手遅れです。
この位置から見えてる草をやっつけるためには、今の3倍以上の労力と時間が必要となるでしょう。
相手が見えないウチに、なるべく小さいウチに勝負を決めてしまうのが草取りの必勝法であり、草が生えてくる場合はそれしか無いと思うのです。
だから、相手がザコのうちに先手必勝の田ズリング。
いやしかし、、いまは草の生えない田んぼ作りの研究に意識を傾けてはいるのですが。
あと一息なのかなと、毎年一歩一歩実績を積みながら妄想にふけっています。
いやだって、今日も『ウチの田んぼ作りに来てくれんか?』って声かけられるから。
ばーちゃん、もー少し待ってな。
もしかしたら、無農薬でも草取り入らずに上手に米作る方法が見つかるかもしれんから。
そしたら、もっと地域の田んぼに貢献するけんね!
そんな訳で、毎年頑張って農薬や化学肥料を使わないでの、持続可能な米作りを模索しておるところです。

{CC6A5E66-A853-4758-A3F7-DC405A697DD1:01}
最後に、オヤツに人参の間引きを喜んで食べてる下2人の写真です。
晩ご飯のおかずとかにあるニンジンとかはマジ食べないくせに、オヤツだと我先に食べるのですよ。
なんでやねん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です