ハイエースのサーモスタット交換と、熱交換器装着。

毎年恒例、嫁さんの実家に里帰りしてきました。

と、出発前に。。

夏ごろからずっと開きっぱなしになっていたハイエースのサーモの交換を。

だって、ここ壊れてたら暖房効かないんだもん。
自分が長時間運転する直前まで、なかなかこういう修理って腰が重たいモノです(笑)


 

元々部位は注文してたんです。

やれば30分くらいのもんです、嫁様、いままで暖房の効かない車でスミマセンデシタ!

 
 

ラジエーターキャップの着いてるここ。

この下についてる部品がダメになっていました。

何でわかったかっていうと、水温計が上がらなくなったから。

では、めくってみましょう。

 
 

ぱかっ。

ボルト3本だか緩めたら外れるんですが、そのまま外すとホントは冷却水が漏れます。

この時、サーモの交換作業と一緒にしようとずっとスタンバッてた、天ぷら油用の熱交換器を先に繋ぎ、冷却水を逃がしていたので、水漏れ対策バッチリ。

こうして、ずっとやらなきゃと思いながらできなかったハイエースのWVO化も、ちょこっと進めれました。

 
 

サーモスタットがある位置らへんに元々刺さってたヒーターホースを抜いて、コールゲートチューブ巻いてある熱交換器に繋がるヒーターホースを繋いでありますのが、確認できると思います。

そして、熱交換器からの返りに、元々繋がってたヒーターホースを繋いで完成。(指さしてる奥のところが、戻りとの繋ぎ)

これで熱交換器を直結で連結できました。 

こうやって水を熱交換器に逃がすことで、サーモの交換はとっても簡単にできたのです。

はい、ではサーモの交換のつづき。

ぱかっとめくると真ん中におりますのがサーモ。

エンジンの熱で冷却水の温度が一定のとこまで上がると開いて、ラジエーターへと冷却水を送るシステムです。

 

写真で比べてみるとよく分かりますが、古いサーモ開きっぱなし。

なので、常に冷却水は冷やされ続けている状態なので、水温が上がらず、1時間走ってもオーバークールの状態。

 車内の暖房は、温まった冷却水を循環させて、そこに風をあてて温風を作っているため、水温が上がらないと暖房が使えないというわけです。

ええ、去年の夏からこの状態でしたよゴメンナサイ。

まあ夏は適当に水温も上がるし、暖房はもちろん使わないからどうだってよかったんですがね。
冬にはこれはイケんかったですね。

ちなみにこの作業は、元旦に行われました。

 
 

はい、サクッと交換してオマケで頂いたスーパーLLCを入れて、水を入れてエンジン回してまた水入れて。。

リザーブタンクもしっかり水入れて、作業完成!!

 
 

エンジンぶるぶる絶好調!!

久々に真ん中まで動く水温計、ああ、普通って素晴らしい。

そんな訳で、無事にぬくぬくの車内で舞鶴往復約1000kmの旅、無事に昨日帰ってまいりました。
 あ、ちなみにまだ軽油走行。

あと燃料配管繋げば天ぷらカー復活なんだけど、時間と諸事情で次回に延期です。

近々やるぞー!!

楽しい里帰り、京都北部に住む同級生達と飯食ったりー。

 

伸びきった子供らの髪をついにきったりー

 

毎日ご馳走食べてお酒飲んで、相当エネルギー貯め込みました(笑)


て、今年は色々イベント目白押し。
たまってる豚作業や田んぼ作業をちゃきちゃき片付けて、冬しかできない創作的な活動を楽しんでいきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ハイエースのサーモスタット交換と、熱交換器装着。

毎年恒例、嫁さんの実家に里帰りしてきました。

と、出発前に。。

夏ごろからずっと開きっぱなしになっていたハイエースのサーモの交換を。

だって、ここ壊れてたら暖房効かないんだもん。
自分が長時間運転する直前まで、なかなかこういう修理って腰が重たいモノです(笑)


 

元々部位は注文してたんです。

やれば30分くらいのもんです、嫁様、いままで暖房の効かない車でスミマセンデシタ!

 
 

ラジエーターキャップの着いてるここ。

この下についてる部品がダメになっていました。

何でわかったかっていうと、水温計が上がらなくなったから。

では、めくってみましょう。

 
 

ぱかっ。

ボルト3本だか緩めたら外れるんですが、そのまま外すとホントは冷却水が漏れます。

この時、サーモの交換作業と一緒にしようとずっとスタンバッてた、天ぷら油用の熱交換器を先に繋ぎ、冷却水を逃がしていたので、水漏れ対策バッチリ。

こうして、ずっとやらなきゃと思いながらできなかったハイエースのWVO化も、ちょこっと進めれました。

 
 

サーモスタットがある位置らへんに元々刺さってたヒーターホースを抜いて、コールゲートチューブ巻いてある熱交換器に繋がるヒーターホースを繋いでありますのが、確認できると思います。

そして、熱交換器からの返りに、元々繋がってたヒーターホースを繋いで完成。(指さしてる奥のところが、戻りとの繋ぎ)

これで熱交換器を直結で連結できました。 

こうやって水を熱交換器に逃がすことで、サーモの交換はとっても簡単にできたのです。

はい、ではサーモの交換のつづき。

ぱかっとめくると真ん中におりますのがサーモ。

エンジンの熱で冷却水の温度が一定のとこまで上がると開いて、ラジエーターへと冷却水を送るシステムです。

 

写真で比べてみるとよく分かりますが、古いサーモ開きっぱなし。

なので、常に冷却水は冷やされ続けている状態なので、水温が上がらず、1時間走ってもオーバークールの状態。

 車内の暖房は、温まった冷却水を循環させて、そこに風をあてて温風を作っているため、水温が上がらないと暖房が使えないというわけです。

ええ、去年の夏からこの状態でしたよゴメンナサイ。

まあ夏は適当に水温も上がるし、暖房はもちろん使わないからどうだってよかったんですがね。
冬にはこれはイケんかったですね。

ちなみにこの作業は、元旦に行われました。

 
 

はい、サクッと交換してオマケで頂いたスーパーLLCを入れて、水を入れてエンジン回してまた水入れて。。

リザーブタンクもしっかり水入れて、作業完成!!

 
 

エンジンぶるぶる絶好調!!

久々に真ん中まで動く水温計、ああ、普通って素晴らしい。

そんな訳で、無事にぬくぬくの車内で舞鶴往復約1000kmの旅、無事に昨日帰ってまいりました。
 あ、ちなみにまだ軽油走行。

あと燃料配管繋げば天ぷらカー復活なんだけど、時間と諸事情で次回に延期です。

近々やるぞー!!

楽しい里帰り、京都北部に住む同級生達と飯食ったりー。

 

伸びきった子供らの髪をついにきったりー

 

毎日ご馳走食べてお酒飲んで、相当エネルギー貯め込みました(笑)


て、今年は色々イベント目白押し。
たまってる豚作業や田んぼ作業をちゃきちゃき片付けて、冬しかできない創作的な活動を楽しんでいきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です