韓国の旅 ~私はストーブだ!~ ②

韓国2日目、いよいよ「私はストーブだ」という手作りストーブ大会の会場へと向かいます。

場所はソウルより車で3時間ほど南に向かったところ。 名前は忘れた(笑)

到着した場所は、国際会議場かと思うくらい立派な建物、、、の奥にある、煉瓦作りのこれまた立派な建物。

 

あとで聞いた話だと、立派な建物は州役所。 その奥にある使われていなかった煉瓦の建物4棟を、「適正技術学校」としての、技能訓練校のような形で今後、この場所は使われていくそうです。 
その為、州からのバックアップもあるんだとか。

市民の為に上手にお金も場所も使ってるなーと感心しました。

そして色々目に飛び込んできますよー。

ソーラー温風機。  
ランニングコストはタダ。エアコンの代わりにいかがですか?

そして、ハジャセンターからの展示コーナー。

 
 
 
 

この辺りは、素人がちょっと頑張れば手作りでき、すぐに生活に取り入れて楽しく使える技術ばかりで、もを最高!!

そして、建物奥には出店があり、イベント参加中はこちらで毎食頂きました。

 
 
 

いやあ、、、盛大盛大。

そらもちろんガスも使ってたけど、いたるところで手作りキッチンも上手に使ってました。

コーヒー屋さんとか、手作りキッチンで豆の焙煎までしてましたからね。
肉まん屋さんとか、煉瓦で組んだロケット釜戸で蒸してたし! 
かっこえー。

 

そして屋台の韓国飯も、マジ美味しい! 

おいしいは韓国語で「マシソヨー♪」

そして、出店会場の一角で公開ピザ釜作りも行なわれていました。

 

手前の完成品の釜からは、焼き立てピザが出てくる中で、後ろではピザ釜作ってるの。
すごくない?

会場の盛大
さと手作りキッチンの利用レベルの高さに圧倒されつつ、、、

あ、そうそう。
広島でもこのイベント真似して、3月の15~16日に「私はストーブだ。in広島」やるための視察も兼ねてますもので。。

そんな訳で、圧倒されてフラフラしてたら、変なストーブ発見。

 

空気の供給パイプ、、、つけ間違えかいな?

と思いつつ、排煙をホットプレート方式で利用する斬新なデザインに感心しつつ、午後からはこのイベントの主催者にして、韓国内にストーブ技術を普及させた「キム・ソンウォン」氏の講演、、ってか講義だったんだけどね(笑)

ん、でその講演が始まるので、講演会場へと移動しました。

なかなか韓国の強者たちの作り出した手作りストーブ報告にたどり着きませんが、、お楽しみはもう少しあとで(笑)
次回は昔からあったけど、我々が知らなかった燃焼システム、「TLUD」と「ベースバーニング」のストーブの理論と仕組み & 手作り無動力ポンプの理論と実例の講演内容の報告です。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

韓国の旅 ~私はストーブだ!~ ②

韓国2日目、いよいよ「私はストーブだ」という手作りストーブ大会の会場へと向かいます。

場所はソウルより車で3時間ほど南に向かったところ。 名前は忘れた(笑)

到着した場所は、国際会議場かと思うくらい立派な建物、、、の奥にある、煉瓦作りのこれまた立派な建物。

 

あとで聞いた話だと、立派な建物は州役所。 その奥にある使われていなかった煉瓦の建物4棟を、「適正技術学校」としての、技能訓練校のような形で今後、この場所は使われていくそうです。 
その為、州からのバックアップもあるんだとか。

市民の為に上手にお金も場所も使ってるなーと感心しました。

そして色々目に飛び込んできますよー。

ソーラー温風機。  
ランニングコストはタダ。エアコンの代わりにいかがですか?

そして、ハジャセンターからの展示コーナー。

 
 
 
 

この辺りは、素人がちょっと頑張れば手作りでき、すぐに生活に取り入れて楽しく使える技術ばかりで、もを最高!!

そして、建物奥には出店があり、イベント参加中はこちらで毎食頂きました。

 
 
 

いやあ、、、盛大盛大。

そらもちろんガスも使ってたけど、いたるところで手作りキッチンも上手に使ってました。

コーヒー屋さんとか、手作りキッチンで豆の焙煎までしてましたからね。
肉まん屋さんとか、煉瓦で組んだロケット釜戸で蒸してたし! 
かっこえー。

 

そして屋台の韓国飯も、マジ美味しい! 

おいしいは韓国語で「マシソヨー♪」

そして、出店会場の一角で公開ピザ釜作りも行なわれていました。

 

手前の完成品の釜からは、焼き立てピザが出てくる中で、後ろではピザ釜作ってるの。
すごくない?

会場の盛大
さと手作りキッチンの利用レベルの高さに圧倒されつつ、、、

あ、そうそう。
広島でもこのイベント真似して、3月の15~16日に「私はストーブだ。in広島」やるための視察も兼ねてますもので。。

そんな訳で、圧倒されてフラフラしてたら、変なストーブ発見。

 

空気の供給パイプ、、、つけ間違えかいな?

と思いつつ、排煙をホットプレート方式で利用する斬新なデザインに感心しつつ、午後からはこのイベントの主催者にして、韓国内にストーブ技術を普及させた「キム・ソンウォン」氏の講演、、ってか講義だったんだけどね(笑)

ん、でその講演が始まるので、講演会場へと移動しました。

なかなか韓国の強者たちの作り出した手作りストーブ報告にたどり着きませんが、、お楽しみはもう少しあとで(笑)
次回は昔からあったけど、我々が知らなかった燃焼システム、「TLUD」と「ベースバーニング」のストーブの理論と仕組み & 手作り無動力ポンプの理論と実例の講演内容の報告です。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です