五右衛門風呂のある生活。

親バカでお恥ずかしい限りですが、、長男が風呂を炊けるようになりました。
炊き付け用の薪を割るところから、ちゃんとやります。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

最初だけ教えて。
あとは大人が見ていない方が良いですね。

コワイから(笑)

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ $~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

最初はライターが硬くて火をつけれなかったけれども、なんか知らないうちに上手につけれるようになってました。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

ペケポンにしたら、上手に燃えるんよと教えてくれます。

いやあ、ついに子供が戦力になってきましたーーーー!!
父、嬉しい。

最近は太陽熱温水器も、まーボチボチなので しょうがないし風呂も沸かすようになってきたのですが、そしたらここの火も有効活用しなきゃもったいないって話ですよ。

なので、薪ストーブに火をつけるまでとつけなくなるまで、つまりまあ春と秋で我が家ではよく、風呂クッキングが行われます。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ $~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

本日のメインディッシュ。 
頂いたキノコとコンニャク入りの岩風呂の前の海で捕ってきたヒジキ!!

美味しゅうございました。

愛校の友達が風呂造るそうなので、参考になればと思い風呂の写真も少々。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ $~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ
$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

まあ、最初は7年前に仮の風呂のつもりで半日でこしらえて、意外や意外に良い風呂に仕上がったので寒くなってきた冬に壁をこしらえてから使い続けることそのまま7年、ほぼ毎日入ってますもんで。。。

色々大変です。

ここ、じつは指一本分の地盤沈下↑
(暗くて分かりにくいかなー)

だって大雨の中、半日で作った釜だったし、基礎とか地盤固めるとかまるで頭になかったしねー、あはは。

煙突の背面の風呂の板壁は、師匠が遊びに来てくれた時に 「ここだけ危ない!」 と言って亜鉛板に差し替えてくれました。

他にも色々ありまっせー。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ $~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

薄暗いと分からないからいんだけど(笑)

明るくしてみたら廃墟だぜコレ!

まず、洗い場の床板を最近3か所もぶち抜いてしまい、いまや落とし穴状態。
これは早く直したいぜ。。

それから、ホントに仮風呂のつもりだったから、普通はNGだけど風呂造るんに熱に弱いコンクリートブロックも手元にあったから使ったし、すぐ壊せるようにモルタル使わずに赤土と漆喰で作ったから、かけ湯当たるブロックん繋目のところはだいたいボロボロ(泣)

まあ、しっかり水かかるところくらいはモルタルか木でキッチリ水終いしたら良かったんよねー。

いつか必要に迫られたら、メッチャ素晴らしいメンテナンスフリーの風呂に作り替えてやりたいぜ!(今ん所まったく問題ないからさ、酷いひび割れ、その他諸々も放置しぱなし(笑))

夏は太陽熱熱温水器だけで沸かすことはいらないから、ホントに楽チンなんだけれども。。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

(暗くてみえずらいなー、混合水栓の左、洗いタオルの横にある蛇口と下のコックが太陽熱温水器へ送るコックと出す蛇口)

少し肌寒くなってきた今日この頃。
下から遠赤外線でグググーっと押し上げてくるような温かさで体の芯からあったまる薪風呂は、寒くなってきた時期からのこれ以上ない至福の時間。

手間も薪も喰うけれど、だからこそのこの生活での贅沢な時間であり、幸せを感じる瞬間だったりするわけです。

みんな、この幸せ知らんかったら人生損しまっせー。
さあ、きっと明日から各地で薪風呂建設だ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

五右衛門風呂のある生活。

親バカでお恥ずかしい限りですが、、長男が風呂を炊けるようになりました。
炊き付け用の薪を割るところから、ちゃんとやります。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

最初だけ教えて。
あとは大人が見ていない方が良いですね。

コワイから(笑)

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ $~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

最初はライターが硬くて火をつけれなかったけれども、なんか知らないうちに上手につけれるようになってました。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

ペケポンにしたら、上手に燃えるんよと教えてくれます。

いやあ、ついに子供が戦力になってきましたーーーー!!
父、嬉しい。

最近は太陽熱温水器も、まーボチボチなので しょうがないし風呂も沸かすようになってきたのですが、そしたらここの火も有効活用しなきゃもったいないって話ですよ。

なので、薪ストーブに火をつけるまでとつけなくなるまで、つまりまあ春と秋で我が家ではよく、風呂クッキングが行われます。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ $~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

本日のメインディッシュ。 
頂いたキノコとコンニャク入りの岩風呂の前の海で捕ってきたヒジキ!!

美味しゅうございました。

愛校の友達が風呂造るそうなので、参考になればと思い風呂の写真も少々。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ $~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ
$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

まあ、最初は7年前に仮の風呂のつもりで半日でこしらえて、意外や意外に良い風呂に仕上がったので寒くなってきた冬に壁をこしらえてから使い続けることそのまま7年、ほぼ毎日入ってますもんで。。。

色々大変です。

ここ、じつは指一本分の地盤沈下↑
(暗くて分かりにくいかなー)

だって大雨の中、半日で作った釜だったし、基礎とか地盤固めるとかまるで頭になかったしねー、あはは。

煙突の背面の風呂の板壁は、師匠が遊びに来てくれた時に 「ここだけ危ない!」 と言って亜鉛板に差し替えてくれました。

他にも色々ありまっせー。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ $~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

薄暗いと分からないからいんだけど(笑)

明るくしてみたら廃墟だぜコレ!

まず、洗い場の床板を最近3か所もぶち抜いてしまい、いまや落とし穴状態。
これは早く直したいぜ。。

それから、ホントに仮風呂のつもりだったから、普通はNGだけど風呂造るんに熱に弱いコンクリートブロックも手元にあったから使ったし、すぐ壊せるようにモルタル使わずに赤土と漆喰で作ったから、かけ湯当たるブロックん繋目のところはだいたいボロボロ(泣)

まあ、しっかり水かかるところくらいはモルタルか木でキッチリ水終いしたら良かったんよねー。

いつか必要に迫られたら、メッチャ素晴らしいメンテナンスフリーの風呂に作り替えてやりたいぜ!(今ん所まったく問題ないからさ、酷いひび割れ、その他諸々も放置しぱなし(笑))

夏は太陽熱熱温水器だけで沸かすことはいらないから、ホントに楽チンなんだけれども。。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

(暗くてみえずらいなー、混合水栓の左、洗いタオルの横にある蛇口と下のコックが太陽熱温水器へ送るコックと出す蛇口)

少し肌寒くなってきた今日この頃。
下から遠赤外線でグググーっと押し上げてくるような温かさで体の芯からあったまる薪風呂は、寒くなってきた時期からのこれ以上ない至福の時間。

手間も薪も喰うけれど、だからこそのこの生活での贅沢な時間であり、幸せを感じる瞬間だったりするわけです。

みんな、この幸せ知らんかったら人生損しまっせー。
さあ、きっと明日から各地で薪風呂建設だ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です