水の検査。

朝練前の子供たち。
コンクリートの部屋に入っていいよって言うと、大はしゃぎ!

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ ~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

10周くらいグルグル歩いて回転してました(笑)

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

そして、今日も走る!

さて、本日はとても大切な日でした。

我が家に必要な保健所の許可の条件として、

・壁、床、天井があり、ネズミやハエが侵入できない状態であること。
・床と、床から1mまでは水洗いできること。
・温度計つきの冷蔵庫または冷凍庫があること。
・手洗い場があること。
・水道水、または検査に合格した井戸水。

こんなところです。

施設としたら一番簡単な条件だそうですし、まあ、なんとか突貫でも形になりそうでしょ。
しかし、努力で何とかならんのが水の検査。

しかしまあ、本日できる限りの努力をして、水を検査に出しました。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ ~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

この水の検査の結果次第では、営業許可が頂ける日も大きく変わってくるでしょう。
細菌類や、大腸菌群とかの数字が大きく出てしまった場合は、許可の対象から外れてしまうため、塩素注入機みたいなお高い機械を購入し、再度検査するのかな?
まあ、大変なことになるんです。

ここは、ホントに神頼み嫁頼み!

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ $~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

なぜ嫁頼みかと言いますと、僕は毎朝豚小屋で作業してるため、体のどこかしらに糞便性大腸菌がついてる可能性があり、少しでもリスクを減らすため水ボトルには触れません。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

そして、細菌や大腸菌群ってのはどこにもいて当たり前なんですが、その菌の数がポイントなんです。
なので、衛生的な水であっても、長時間ボトルに置いておくとその中で菌は増えていきます。
増えてもらいたくないので、氷を沢山いれた発泡スチロールにスグ入れて、搬送します。

検査のボトルの回収に来る11時30分ギリギリ目指してのミッション。
逆算した時間に水を入れ、スピーディーに保冷して、市の窓口へ天ぷらダッシュ。

$~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

後はホントに神頼み!!

どうか、1ッ発でクリアできますようにーー!
再検査はイヤーーー。
塩素注入機なんて買いたくなーーーい。
だれかPC遠隔操作して数字いじってくれーーーーーい。。

と、声に出して願いつつ。
1週間から10日後に来る検査結果を待ちます。

こういう時って、ハチマキ締めて水かぶったりお酒やめたりしたらいんだっけ?
なにか良い方法知ってる方、いらっしゃいましたらぜひ、教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です