仁義無き戦い。 


田んぼの草を撲滅、、いや、殲滅させる為には手段を選びません。
あ、除草剤を使うって選択肢以外はね。

相手がまだ芽を出したか出す直前か、、
そんなまだクソ弱っちい時をねらってトコトン潰しにかかります。
仁義なんてございません。

今はサッと表面の土を洗うと浮いてくる雑魚共ですが、一ヶ月もすると立場が逆転します。
後半に抑えきれなかった草の勢力が強い場合、稲は痩せて収量に大きく関わってきます。 なので、焼け石に水作戦の、無限の草取り地獄に陥ります。
今なら半日で1枚の田が除草可能ですが、1~2ヶ月先では半日で1往復がやっと、、みたいなことになります。

だから、いまトコトンやるんです。
今の半日が、後の1週間にも10日にも勝るほどの価値があるから、、
ダルい足を、重い腕を振り上げて、ファイト一発の気合で突撃。

タフマン飲んでみようかな。。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

こちら、チェーン除草機の改良版、「ビニペット除草機」 なるものです。
以前のチェーンつけてた物と比べて、メッチャ軽くなっています。

でも、1日に5反くらい歩くと、次の日かなり機会人間みたいな状態。

しかし、、その効果の程はこんな感じ。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

クログワイか、ホタルイか、、 球根が浮いてますね。
そして今、生えんとしているコナギの根っこもメチャクチャ浮いてます。
ちょっと葉が出てきてるのも、浮いてくれます。

雑魚ならば、プカプカ浮きます。
タイミング、命。

それでもタイミングを逃れてちょっと大きくなったヤツは、ビニペットでは浮きません。
ので、次の道具。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

田押し車、とか 田打ち車 とかいいますよね。

これで、縦横入って生えてるちょい雑魚の 「コナギ」 をやっつけます。

なんと!!!

パパ友たちが田押し車押しに来てくれてます。
ありがたや~。 南無ー。
今後もぜひよろしくお願いしたい次第でありますので(笑)

水面よりコナギの葉が顔を出してしまったら、 「あ~あ、、、。」  って感じです。
もを少し、時間があります。
フルパワーで 「今」 頑張らねばならぬとき!!

とキバってやってたら、昨日の午後動けなくなり。。
でもまあ、豚仕事とその他終わらせて、、晩飯食いながらまたバタン。
ああ、ズタボロの夏が来た。。

ホントに仁義ないのは草のほうよね。
なんて、思います。

そんな日々でした。

6 Comments

とき

SECRET: 0
PASS:
えらい。がんばろう。共に。
まあ、うちは、1反3畝だから、比較にはならないだろうけど。
すでにコナギが見えてから借りてきたチェーン除草は今年もタイミングを逃し、そのすごさが解らなかったけど、生える量は少ないかもしれない。
既に生えていたコナギには効かなかったけど、その次のやつに効いているのかもしれない。
ぼくは、畝間除草機(この辺では「はったんどり」と呼ばれている。)のあと、手取りの日々。
除草を研究して、来年から田んぼを増やそうと思う。
売れるほど食べものを作ってゆくことがこれからの僕らの行き方として大切なきがするし、したいこと。
でも、すでに、身体のあちこちが悲鳴をあげているのも否めない。

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>ときさん
わあ、ときさんこんばんは! うれしいです。
はったんどり、最近はもっぱら僕もそれです。
田押し車で株間までけっこう押抑えれる田もあれば、株間にモヒカンみたいにビッシリ生えてくる田んぼもあり、、最近は畝間潰しでグロッキーな日々です。
PCの前に座れる時間も、ウルトラマンみたいに限られて着てます(笑)
我が家は、田植え直後に米ぬかや醤油粕、オカラを田んぼにブチ込みます。
その後、チェーン除草、田押し車、はったんどり、動力除草機となります。
うう、、目があけていられない。。。
おやすみなさいzzz。

返信する
わたなべ

SECRET: 0
PASS:
 白州でもずたぼろの夏、実践してます。
田車、はやく押したいのに、まだ田植えが終わっていません。麦も雑草の方が背が高くなってきてしまったし、ジャガイモはイノちゃんがみんな掘り返すし、リンゴもいつの間にやら葉っぱがなくなり、桃も誰か動物がやってきて枝ごと摘果してくれているし……、きょうはようやくトマトハウスにビニールかけて、支柱をしました。午後からは田植えの続き……。
 ずたぼろの夏、実践中。でも、今年は、ずたぼろになれる幸せをかみ締める夏でもあります。

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>わたなべさん
わあ、わたなべさんまで! ありがとうございます。
facebookで、手植えで頑張っておられる様子を拝見して、、わああああああ。 って思いました(笑)
我が家は立派な機械の力をかりて、何とか麦の後に大豆も蒔き終えれました。 あとは1ヵ月後に迫った出産までに田んぼを一区切りつける!
どーなるじゃろうかと不安いっぱいの日々です。。
でも、ホントそんな当たり前の日々に感謝ですね。 そして守っていかねば。。
しかし、、「むしくさ自然牧場」 と化してますね、わたなべさんのテリトリーは、、(泣)
いつかツケを払っていただきましょうよ! 解体、手伝いまっせ~♪

返信する
わたなべ

SECRET: 0
PASS:
 きょうは、獣よけネットの穴をふさがず、そこにヒモでくくりわなを作って仕掛けておきました。もしも、かかったら、解体の手順をスカイプでいいから教えてください。
 そう言えば、きょう、家の近くのイベント会場で「愛農学園」のパンフレットを置いたお店が出展していました。広島に友達がいます、と話したら、耕太郎クンか? と一発でバレてしまいました。 よっ、有名人! 五味さん曰く、耕太郎クンの前座で講演をさせてもらったとのお話でしたよ。よっ、助教! 最近は教授よりも助教の方が人気があるのです(笑)。
 トウモロコシを譲っていただいたのですが、5本入りのはずが、8本も入っておりました。しかもものすごく美味しかったです。ありがとう!

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>わたなべさん
むむっ、いまや最大級の名誉、「助教」の称号を与えていただき、さらにはトウモロコシのお礼までいただきまして、、?
うれしくなって焼酎を飲むことにしました(笑)
明日も頑張れそうです、手取り除草♪
2年位前に青空解体したときの写真がいくつかあるので、「そのとき」にはブログにでもアップしますよ!
毛を削ぎ落とすのが一仕事なんですが、鶏の毛を毟るように熱湯(70度前後)に数分つけると、火傷で皮膚から綺麗につるんと剥けます。
近所でいただく猪肉には、必ずと言っていいほど毛が引っ付いていますが、そうなりません。
猪が入る大鍋があれば、おススメです。
なければ、カツオのたたきみたく炙る方法もあります。
あとは逆さに吊るして顔をはずし、ノコギリで真っ二つにしますと、枝肉とよばれる形になります。
枝肉を3等分にします。 上から、肩、ロース&バラ、モモの部位に分かれます。
本日の講義は、ここまでとします。
だいぶ、、助教が板についてきた気がします(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です