田植えの様子と麦



田植えの様子です。

昨年、オトンが衝動買いした110万円の田植え機がまぶしいでしょう。
今までのマシーンがオジイチャンだっただけに、まあ、それなりに使いよいですよ。

ただ、、費用対効果。
膨大な出費に見合う価値があったのかは、、
お金をだした人間の気持ちしだいな部分も大きい気がしなくも無いですね~。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

無農薬の米作りは、苗を仕立てるところから慣行農法と違います。

我々は、ゆっくり時間をかけて、丈夫で元気な苗を育てます。
田植えしてスグに始まる草の防除の為の色々に負けない為です。

草の発芽を抑制する為に、普通よりも大きくもします。
田植え後、なるべく深水を維持する為ですが、背が低い苗だと溺れてしまうからです。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

田んぼにこしらえたベットで、約1ヶ月かけて苗を仕立てます。
ベットには、我が家の豚糞堆肥がしっかり入れてあります。

苗箱から伸びてきた根が、ベットにある栄養分をしっかり吸収して、小さな苗箱の中でも元気で丈夫に大きくなっていきます。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

その為、苗箱の底には根がビッッシリです。
田植え機に載せる際に、苗箱から剥がせるように根を包丁でそぎ落とします。
そうしないと、苗がとれんのです。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

そんなこんなで、苗代(苗のベット)があった田んぼも無事に田植えが終了した5月10日。

高級な新車が使い始めた瞬間から泥だらけってのも、農機具の切ない運命です。。 
まあ、これから長い付き合いになることでしょうから、大事に仲良くやっていきましょう。

いっぽう、麦畑です。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

今回の田んぼ、日当たりも水はけもあまり良くなかったわりには、それなりに麦っぽく育ってくれました。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

先週の麦畑。
もう少しで刈り頃ですね。

雨が多いんでボチボチ刈りたいけど、なかなかタイミングが難しそうです。
そうこうしてるうちに、近所のスズメのお腹が麦で膨れていきます。

田んぼニャ草はどんどんはえるし、雨は連日いっぱい降るし、スズメは待っちゃくれなし。。
自然相手じゃ、そんなに人間の思うようにはいきませんですね。

そんな謙虚な気持ちになれるから、農業って素敵なんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です