廃油キャンドル


電気のない現地の役に立つ知識かと思い、天ぷら油の廃油でも作れるロウソクの作り方です。

廃油キャンドルSVO.WVO

このページの一番下から探していくと、「廃油キャンドル」 というところにあります。

以下、長野のシャロムヒュッテのホームページのSVO.WVOのとこの廃油キャンドルの作り方からです。

~転載~

作り方 材料は
廃油と油固め材 ティッシュペーパー あればエッセンシャルオイル いらなくなった瓶 割り箸
廃油固め剤の主原料はヒマという植物の脂肪酸ですので身体にもよさそうです
しかも 3リットルのキャンドルを作るのにたったの¥200(1箱)です

先ず 油を80 度以上に熱します(期限切れの食用油がおすすめ)なべの大きさによって粉の袋を分割
します 分かりやすいところで 300ml(約300g)で袋半分です
粉を入れたら割り箸などでよくかき混ぜます 暖かいうちに 容器に入れます エッセンシャルオイル
を数滴垂らすとほのかな香りが部屋を包みます 芯にするティシュペーパーを器の半径くらいに裂いて
こよりを作ります。

しばらく待てば固まります。割り箸で真ん中に穴を開け底までねじ込みます。割り箸で横の寒天状にな
った油を少し芯の露出した部分の上から5mmぐらいのところに塗りますこれをしないと露出した芯が
全部燃えてしまいます そうすると先に塗りつけた油が溶けて炎の熱でうまい具合に穴を埋めてくれます これで完成です

~転載終わり~

関東では、スーパーから災害時に必要な物資が消えてしまってるそうですが、きっと固める天ぷらはまだあるのではと思います。

必要な方に、教えてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です