上関原発予定地、2

さっき、弟から電話がありました。
弟は、20日の夜に原発建設予定地の上関の現場に阻止行動のために出発しました。
その日は、日が開けて間もない3時ごろから翌夕方の4時まで阻止行動で動いていたそうです。

現場は、予想以上に肉弾戦で、若くて意気のいい男が沢山いたほうが良いとのことです。  
はい、左腕の上がらぬワタクシにも召集がかかった次第です。

と、いっても阻止行動は非暴力が前提です。
しかし、埋め立て現場の砂浜に反対派の人が入れないように今、フェンスの設置が行われているそうです。
数百人のガードマンが反対派の行く手を幅み、その奥の現場では、今日、どこで何の作業をするのかも聞かされてない作業員が連れてこられ、ここにフェンスを設置するように言われ、作業が行われているのだそうです。

弟は、大学ラグビー部キャプテンとして地区代表大学選手権に出場した実力を発揮し、ガードマンをフッ飛ばさないように気をつけながら間をかいくぐり、フェンスの設置をやめるように現場抗議に駆けつけるそうです。

ホントに、やるせない思いで一杯になるそうです。
作業員も、訳が分からず連れてこられ、本当なら30分でできる作業を2日以上も壮絶なモミクチャ状態で、、やるせないとか。

この争いは、何も生み出さないハズです。
ただ、言われて仕事しに来た作業員と、作業を行わせない為に集まった沢山の人と、それを上回る数のガードマンとのモミクチャ相撲です。 
だれもが、そんなこと望んでその場にはいないハズです。
社会の、不思議な図です。

世界でも、デモ隊に空爆、、なんてニュースも目にします。

日中は、映像がリアルタイムで流れます。
すさまじいです。

満月TV

バッテリー切れたのか、今日は2時過ぎでストップしてしまいましたが。

映像だけみていてもやるせないです。
でも、その中でモミクチャになってる自分はもっとやるせないと弟は言ってました。

一度、壊した自然は簡単には元には戻りません。
何千年、何万年、何億年とかけてその形になって、そこにあるのですから。
海の底は目には見えませんが、同じです。
海には、海流があります。
形が変われば、沢山の影響が出ます。
海を壊したら、簡単に、元にはもどりません。
だから、祝島の漁師の人達は、原発建設に反対し、30年近くも頑張っているのではと思います。
海と、暮らしているから。

海を埋め立て、作った原子力発電所は電気だけでなく、未来にずっと残るゴミも作り出します。
そのゴミは、時に核兵器にもなります。
ゴミの処分方法はまだ確立されておらず、無限に近い時間の放射能汚染の危険性と、その危険物の管理の為の金銭的負担を、負の遺産として未来に残すことになります。

今の電気エネルギーの為に、
今の中電の利益の為に、
今の国の外交政策の為に、

未来を犠牲にしようとしています。

世界中で沢山の人が立ち上がって、自分の声で叫んでいます。
もちろん日本でもいま、上関で!

いろいろテンション上がってツラツラかきましたが、、
今週は月末で出荷が忙しくて1日のみ日帰りと、、28日以降から出っ張ってきます。
その間は、なるべく沢山の人に伝える活動をしていきたいと思います。

皆さんもぜひ、沢山の人に伝えてください。

現場の状況など、質問くだされば弟に聞きます。
必要なものや状況など。
とにかく、現場の状況を沢山の人に伝えてほしいいというのが、現場の声です。
そして、動ける若くていい男に沢山来て欲しいと!

同じ気持ちを持つみなさん、、ぜひ!!

2 Comments

e-man

SECRET: 0
PASS:
やるせない。
でも、こうやってブログを見ている今もこのパソコンはそういう電気を使ってるんですよねぇ。
そう思うと、なんだか酷く自分が身勝手な存在なんだと気付きました。
今からパソコンの電源切ります。

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>e-manさん
いつもありがとうございます!
福井にも原発がありますね。
電気を使っている自分を責めるのではなく、もしかしたら原発で発電された電気かもしれない、、どうやって作った電気か分からず、選べない。そんな決まった電気を使う道しかないことを責めるべきだと思います。
ヨーロッパでは、食べ物と同じように電気も選べます。 日本は大企業が大事なので、そんなめんどくさいことには。。
そして、電気を皆さんも使ってるから~、と言って責任を我々に押し付けます。
我が家で、家族は一汁一菜で質素堅実に暮らしていて、自分だけネオン街+泡の国コースで豪遊してたら一発で崩壊します。
でも、日本では子育てや福祉に回すお金もケチってるくせに、原発や軍事費などはバンバンです。
無茶苦茶なお金の使い方してる国を任されてる人たちに対して、もっと怒るべきなんです、我々。
そう、思ってます。

返信する

e-man にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です