焚き火。


ブログ、しばらくぶりでした。
 

じつは2ヶ月ぶりに愛くんが喘息で入院しておりました。
季節の変わり目云々あるのでしょうが、やっぱり忙しい月末にやってくる発作。

僕は中学、高校とバリバリの体育会系人間として過ごして来ましたので、追い込まれる状況はわりと嫌いではありません。
限界にまで自分を追い込んでこそ、実力というものは育つもので、その苦しく厳しい積み重ねだけが、本番での自分を支えてくれるのです。

この度も厳しくも嫌いではない、しかし過酷な日々でした!

普段の豚仕事にくわえ、麦蒔きの準備に月末の豚肉出荷に配達に、麦ちゃんの保育所への送り迎えに、入院付き添いの嫁さんの食事作りに、両親のイベントがあったりその他云々で、、ほぼ不食不休で走ってました。

なんだか、こんなに頑張ってる自分がちょっと好き、、♪

とか思いつつ!

それでもやっぱり夜はクタクタです。

そして、数日前はホント寒かったですね~。
クタクタ+腹減り+寒い。
このトリプルパンチ喰らったら、だいたいダメです。

でもまあ、何を優先するかとなると、、風呂だけは入りたいんですよ。
寒いし、まあ、それなりに汚れとるし。

くたびれて帰ってきて、、なんとか風呂炊きだすと、焚口からのこちらに放熱される暖かさ、、がたまらなく身体と心に沁みてくるんです。

まあザックリ言うと、焚き火にあたってる気持ちです。

病院に家族はいて、山の中で一人ぼっちで働いてる自分には、、、これ以上暖かいものはありません!

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

なので~

毎晩こうなりました(笑)

風呂を炊きながら焚き火にあたって温まり、仕上げにドブロクで心と胃を満たす。
寂しくも見えますが、ちょっと見方を変えると~、、

すごく贅沢!

、、でしょ?

いい気持ちになってきた頃合に、風呂は炊き上がります。

そしたらすかさず、湯船にピットインです。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

我が家の(簡易)五右衛門風呂は、なんと3方の窓があきます。
下の焚き火がオキになり、ゆっくりと、しかしグワーーっと下から暖めてくれる浴槽で、冷たい夜風に当たりながら上を見上げると、、

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

拾った貝殻のオブジェに電球を入れて作った 「貝殻のシャンデリア」 から漏れる無数の幻想的な光。
湯煙と夜風のイルミネーションの中で、ほろ酔い気分で今日も頑張った自分に、また酔います。

体育会系は、わりとみんな単純で扱いよいと思いますよ(^∇^)

ヤル気の自給自足アゲアゲ^^

エコです。

こんな感じで頑張ってましたが。
本日、無事に元気に愛くんは退院してきました。

ご心配くださりありがとうございます。

嫁さんも愛くんも麦ちゃんも僕も、みんながいつもと違う状況で頑張りました。

そして、また明日からいつもの日常が始まります。

そんな感じでくり返される当たり前の毎日に、 「ありがとう!」 と感じれる日々に感謝!!

2 Comments

眉海

SECRET: 0
PASS:
たき火の前では人は素直になれますよね~。だから日常的にそんな時間が持てる五右衛門風呂を手放せません。我が家では子どもたちが風呂焚き当番ですから、子どもながらに一日の頭とココロの疲れを癒しているのかもしれませんね。桜の山さんの文章ですっかり暖まりました。ありがとう!

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>眉海さん
まあ、、! 
こんな酔っ払いの戯言にホッコリしていただけるなんて恐縮です~。
しかし読み返してみると、ダラダラした一人暮らしの言い訳を、なぜかブログで暴露して取り繕ってるようにも。。
ああ、恥ずかしい~

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です