海水浴と石風呂


運命の出会いってやつを、体験したことはありますか?
多くの方は人生の中で、きっと何度かそんな出会いがあるのではないでしょうか。

僕も、豚飼いという職業に、親方や兄貴や親友と呼べる人に、、嫁さんに、、、自然エネルギーに、、、、そして僕達の生活を支えてくれる沢山の方に!!

そんな素敵な出会いのたびに、運よく自分で切り開いた道と思うこともあるし、神様のおかげと思うこともあり、、
どちらにせよ、なにか大きな力が助けてくれているような感覚を覚えます。

今回も素敵な出会いがありました。
写真が多いので2部に分けて、しっかり自分の記憶に刻みたいと思います。
(最近は、ブログが農業や気持ちの日記がわりになってます。笑)

両親が、稲刈り前の骨休めに長野へ旅行へ出かけました。
その間、実家を任されたのが研修2年目を迎える藤井さんと、二人の弟達です。
二男は熊本で研修中、三男は研修前の資金を貯めるため名古屋でアルバイト中。
親の都合で、久々三兄弟集合です。

なので、みんなで海に行きました♪
だって夏だし~!

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

所々骨折している、テントを設営します。
あ、もちろん拾ったモノですのでご安心ください~。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

なんと家から20分のこのビーチ、本日貸切なり☆
贅沢な時間です。

愛くんはこの後しばらくしてから、パンツを脱ぎ捨てます!

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

二人の後ろには大久野島が見えます。
戦時中に、国際条約で使用が禁止されている毒ガスを製造していた島でして
「地図から消された島」 として地元では知られています。

今では国民休暇村としての施設や、毒ガス資料館などがあり、島内では当時毒ガスの実験に使われていたウサギが、沢山暮らしています。

過去の出来事を沢山の人に知ってもらう為、レジャーアイランドになっております。
ビーチやプールや温泉や宿泊施設にあわせ、資料館もとても充実しています。
島を周ると、当時の建物と空気に、リアルに触れ合えます。

ホントは大久野島へ遊びに行く予定でしたが、出発が遅れてこのビーチになったのです。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

出発が遅れ、目的地は変わりましたが~

海と砂浜とビールさえあればどこでも楽しく過ごします♪

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

お父さんは酔っ払って昼寝こいてる頃、愛くんは3歳のお誕生日ケーキをこしらえていたそうです。
いま、ローソクの火が消されました!

ずっとむこうでは、三男もゴロンと昼寝してます。
海の中には、ひたすら泳いでいたらしい藤井さんの頭が見えます。

確認できた方には、視力2.0を差し上げます。

そしてこのビーチには、、、なんと!!

い、石風呂があるのです~。(ビックリ)

え?

石風呂じゃなくて岩風呂?

いえいえ、ホントに石風呂って言うんですよ~。。

石風呂って、知ってますか?

じつは今回、僕も初めて入り、知りました!

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

窓越しなんでみずらい写真ですが、石風呂って昔ながらのやり方のサウナです。

昔作られた岩穴の中で、午前中に薪をガンガン炊くんだそうです。
お昼前に、火をかき出すそうです。
そうすると、岩穴の中は熱々のオーブン状態です。

あれ?

岩風呂でもいい気もするぞ??

(↑いやいや、勝手に名前変えたら怒られるし!!)

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

こんな、海辺の山際にあります。
更衣室から岩のトンネルをくぐると、そこには2つの扉があります。
手前に見えている扉は火を炊いていた部屋で、「熱い部屋」です。
見えにくいけど奥にある扉は、「熱い部屋」からの熱気を小さな窓で送っている「ぬるい部屋」です。

しかし、「ぬるい部屋」でも、体感温度はちまたのサウナと同じレベルです。
「熱い部屋」に入った二男は、軽く火傷しそうになったとか!
なんでも温泉卵が作れる温度だそうです(石風呂屋のオヤジ談)
ほんと、石釜オーブンですよ。

そしてそして、なんと!!
この部屋の中には甘藻(アマモ)と呼ばれる海草が敷き詰められています。
そして石風呂の室内は、甘藻の熱気と甘藻の布団で海のミネラルパラダイスです。

マジ、びびりました。

こんな、、こんな世界があったのか!!!!

ここ知ってしまっては、風呂屋のサウナ
じゃ満足できないかもしれない~い~~!
くらい、いい!!

大量にビールを発汗した後、チンチンに湯だった身体は、目の前の海に浸かってトロけていきます。
目の前は、瀬戸内海の絶景が広がります。(写真忘れた!)

海と一体になれたような、自然と繋がれたような、、素直な気持ちになりました。

まだ酔ってるのかな??

そう思って嫌がる子供達も連れてみたりしながら(笑)何度も石風呂に入ってみますが。。。

うん、我が家に遊びに来てくれたお友達は、時間が許せば是非ここへ連れて来てあげたいな。
またひとつ、地元の素敵な場所を知りました。

この石風呂のおっちゃんとの繋がりが、この度の素晴らしい出会いなんですが、、
それはまた次回に。。

帰りは、以前両親の元で研修してた兄ちゃんが始めたお好み焼屋で、パーッとやりました☆
ここは、一風変わった広島焼きのお店で、メチャクチャ沢山のバリエーションが楽しめるお店です。
ボリュームも満点。
フリーのトッピングも沢山。
ついでにここの社長、いつも大量の上質天ぷら廃油を、友達の日本料理屋さんからゲットしてきてくれるんです。

皆さん、西条のお好み焼き 「響」(ひびき) 御ひいきにお願いします♪

http://r.tabelog.com/hiroshima/A3404/A340403/34002621/

腹も心も満足して、ひと夏のバカンスは終わりました。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

次回、石風呂のおっちゃんとの素敵な出会いの「中身」お話しです~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です