講演と、親方。

大学講座の朝は早く、5時45分ごろに校庭で中国のラジオ体操みたいなことから始まりました。
朝起きてすぐ体操するなんて、何年ぶりでしょうか。
すっごく気持ちよかったです。

でも、愛農高校の農場の先生方は5時から野菜や果樹の収穫を始めていました。
もちろん生徒も。
いやあ、、頭が下がりますな。。

そして6時から新しい校舎で早朝講話。
なんだか学生の頃に戻った感覚で、すごく新鮮でした。
眠気と共に、当時の記憶が甦ります。

朝食は受講生に混ざり、玄米と小豆のおかゆをいただき、9時からの講演に備えます。

自分の想いやしてきたことを、大勢の前でキチンと言葉にして伝えるということは
難しいです。
じつは嫁さん相手に一度練習をしてみたところ、危機的な結果に終わったのでした。
普段いかにキチンと言葉にせずに過ごしていたかと言う事が分かりました。

なので慌ててカンペを作ったものの、カンペの朗読もあまりにたどたどしくてお粗末です。
なので半分だけしか作れなかったカンペと、持参したスライドをみてのアドリブで乗り切るハイブリットのぶっつけ本番作戦でしたので、、、
まあ、無謀っちゃ無謀な話しでした。

おかげで1時間前から緊張で、おかゆが出てきそうでした(笑)
いや、、マジで!
今さらですが、人前に出ると極度に緊張するチキンヤローだったことも思い出しました。
なんでこのこと毎回忘れちゃって変なこと引き受けちゃうんだろう?

いや、、大丈夫だ!
オレには80分の持ち時間なのに180枚のスライドがあるじゃないか!
たとえ言葉が出なくても、写真みしてりゃ時間は来る!!(、、セコイ??)
そう腹をくくって15分前に部屋に入り、PCにスライドをセットしました。

あれ?

れ~?

カンペ作りは手間で途中であきらめてしまった為、沢山用意してきた写真たち。
一応話の順序順に沢山の写真を並べてありました。
これなら、テンパっても写真が流れを教えてくれるからね♪

その大量の写真が、見事にグシャグシャにシャッフルされた状態で目の前に映っておるではありませんか~。

ああ、、神様ってイジワルだ、、(涙)

玉砕を覚悟した後は「その時」を待つ、まな板の上の鯉状態です。
「え~え、ええ。 恥はかきなれてますよー。  でも、オレの人生ってこんなこと多いんだよな~。。」
なんてかんじでスネてました(笑)

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

そんなんで、始まっちゃいましたね。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

この緊張しきった表情が、今なら笑えます。
若いときは恥かいてなんぼ、失敗してなんぼです!
愛農高校卒の日本男児として、精一杯のイッパイ×2頑張ってきました(涙)

こんな僕を呼んでくださった愛農会の皆様、、もを呼ばないでね(笑)

まあどんな形でアレ、人生のひとつの大きな山場を越えました。

しかし、今回の旅ではもう1つの大きな山が残っております。
まだ、緊張はとけません。

それは、愛農高校卒業後に2年半お世話になった、豚の師匠のお宅にお邪魔して、種豚を頂いて帰ることです。

大学講座の受講生に見守られつつボンゴに天ぷら油を給油して、みんなにお礼と別れを告げた後、和歌山へと走ります。
3時間くらいの道中ですが、道が新しくなってたり高速ができてたりで気が抜けず、えらくくたびれましたが、6時過ぎにかつての古里(豚舎)にたどり着きました。

僕の、18歳から20歳過ぎまでを過ごした思い出の地です。
なにか沢山の想いがこみ上げてきます。

そして師匠と少しの間、豚舎で話しました。
師匠の言葉は、時に厳しく聞こえますが、いつも僕のことを想い、2つも3つも先をみて言葉を投げかけてくれます。
だから、会うまでは緊張するんですけどね(笑)
今回も、沢山のことを教えてもらいました。

そして夜は、試作品の生ハムをはじめ沢山のご馳走をいただき、お風呂に連れて行ってもらい、家に帰って一緒にテレビをみて、、

ああ、10年くらい前にもこうやって過ごしてたな~と、また思い出に酔っていました。

そして翌日また5時半ごろに起き、朝食を頂きます。
なるべく朝の涼しい時間帯に豚を連れて帰れるよう、親方は先に豚舎へと向います。
朝食とコーヒーをゆっくり頂き、6時過ぎに奥さんと豚舎へ向います。
ああ、10年前もこうやって豚舎へ通ったな~、、なんて。

3頭の豚を積み込み、お土産に親方の釣った魚を持たしてもらい、
まだ涼しい時間に和歌山を出発しました。
とってもお世話になり、暖かい気持ちで帰路につきます。
緊張しきっていた昨日がウソみたいです。

途中、何度か荷台の豚たちが湯だってないか確認しつつ、お昼前には無事に我が家へ到着しました。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

ついてすぐに、ホースで水をかけてやり、体温をチェックします。

そんなに暑さでバテてる様子も無く、気持ち良さそうに横になってます。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

豚房の準備をしてる間に、よりそってグッスリ寝ていました。

こいつらは、WL(大ヨークシャー×ランドレース)という品種のかけ合わせの母豚と
母豚を産むための豚、W(大ヨークシャー)です。

この3頭が仲間に入るこで、我が家の生産体制はほぼ、理想的なものになりました。
あと足りないのは雄豚だけですが、それも親方におねだりしときました♪

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブロ
グ

しばらくは隔離して暮らしますが、病気の検査の後、保健所からのOKが出たら、
放牧場での筋トレが始まります。

放牧場に行っても、いまいるオバサン豚たちに負けず、
しっかりご飯を勝ち取って、元気な母豚に育って欲しいです。

ちょっとくたびれたけど、実り多き出張でした。
そして、外の農場をみたり、初心にかえることで沢山の刺激もうけました。

帰ってきたら、やっぱりいつもの日常が回りだします。
いまは自分らしく、頑張っていく気力に満ちています。

もうすぐ稲刈りだ、がんばるぞーー!!

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

おう!

6 Comments

桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
> 藤さん
いつもありがとうございます!
いや~、たまには恥かいたり緊張したりするのも大切ですね(笑)
日常がすごくありがたく感じるんですもの!

返信する
どんぶらこ

SECRET: 0
PASS:
80分の講演だったんですね~。
私は、この前、安藤さんの前座で、
10分話したときでさえ、
一番肝心なことを
言い忘れちゃってますから、
すごいことです!!
私も、聞きたかったな~(*^▽^*)

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>どんぶらこさん
いえいえいえいえ、、、お恥ずかしい限りです。
僕も沢山言い忘れてましたよ。
ってか、農場の主たる生産物、豚飼いについてほとんど話せずにタイムアップでブーイングでした(笑)
人前で話すって、ホント難しいことですね。。

返信する
やまの

SECRET: 0
PASS:
広島講演思い出しました。
私もテンパッテいて、カンペを使うのを忘れていました。

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>やまのさん
こんばんは、いつもありがとうございます!
まさかあの時、山野さんもテンパっていたなんて~!
さすが場慣れしてるから上手にはなしとってやの~なんて横目に思いながら車とにらめっこしてましたが。
そうだったのか、、
なんだか安心しました♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です