大豆と稲の写真。

先日、よく働く若者達と定植した大豆ですが、元気に育っています。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

手前の大きなのは、梅雨前に蒔いて発芽した大豆。
奥の小さいのが、このあいだ定植したヤツです。

最初、管理機ゴンベイで種まきしてから発芽不良を予測し、苗作りまで3~4日しか差はありません。
なのにこの身体の大きさの差はすごいですね。

僕達もそうであるように、幼いときの一日というものは、すごく長くて大切な時間なのでしょう。

しかし!!

作ってた苗だけではとても畑が余ってしまう事態です。
それだけ発芽しませんでした~。

なので、もう一度直に種で大豆を蒔くところと、黒豆と小豆も蒔きました。
黒豆と小豆は、ちょうどよい播種時期で計画どおりです。
大豆はちゃんと豆になってくれたらラッキー、、
という、若干の投げやりと神頼み的な心境ですが。
でも、遅蒔きの大豆はバリバリ枝豆で食ても気兼ねが少ないので、その時期には一緒に枝豆とビールで一杯やりたい方、挙手お願いします。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

種の発芽には水が必要ですが、梅雨明け以降カラッカラです。
夕立の予報や今日は雨の予報でしたが、残念ながら我が町は2週間で鼻水程度しか雨は降りませんでした。

なので畑はカラッカラなんですが!

上の写真にあるように、大豆、黒豆、小豆を種を蒔いたその日に水路から水を入れていました。
でも、この水の入れ具合が難しいのです。

だって前回は水分過多で発芽しませんでした。
今回も、キチンと水路はきっているものの、水の当たり具合に随分偏りがあります。
畑の様子みつつ、夜中に3時間くらい当てました。

実際、今日確認したら種が腐ってる場所もありましたが~。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

8~9割がた発芽してました!
水が当たってるところはね。。

水路の横などの、ちょこっと低いところだけ種が腐ってました。

いま発芽してない種は、次回の雨待ちかな~。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

上からみると、、畑の左が定植大豆。
草の生えた溝をはさんで右が、種蒔いた大豆、黒豆、小豆。
ハトよけにキラキラテープが気持ち程度してあります。

ハトは、発芽直後の若葉なのか豆なのかをホジくります。
天敵です。
だから、ハトに豆鉄砲だそうです。

まあ、発芽不良はあったものの、なんとか今年の豆も始まってます。

つづいて最近の米。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

みてください、この色ムラの無い田んぼを!!

あ~、あのですね。
除草作業を頑張っていても、局地的に抑え切れなった草が元気に生えている田んぼでは、その部分がものすごいキミドリ色になってます。
雑草に肥料分をとられて、稲が細く色が悪くなってしますのです。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

じゃじゃん!

今年はこの田んぼは90点をあげれます♪
所々にホタルイやコナギはあるものの、2度の田押し車でかなり綺麗に草を抑えています。

中期かん水のトロトロ層効果と、適期の除草作業のおかげと思っています。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

上から、ジャン♪
すばらしいですね~☆

ちなみに去年この田は、コナギにコテンパンにやられて中央8割はキミドリ色でした(照)
田の様子は、食べるところ少ないドーナッツ状態です(笑)
去年はね!

今年は、、すごいぞヒノヒカリ!

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

超立派に分株してます。

りりしいお姿に僕、萌えます。

でもみなさん、安心してください。

良い田んぼ3枚、いつもどおりの草の田んぼ2枚、草だらけのキミドリ田んぼ1枚と、バランスよく色々です(笑)

次回は、一番除草作業を頑張ったのに、キミドリの田んぼを写真に撮ってきま~す。

2 Comments

無礼なブレンディです

SECRET: 0
PASS:
今日の読売新聞で、飼料米を鶏、豚に与える。
そんな記事がありました。
やっぱり、黄身は白くなるそうです。
茨城のあるレストランでは逆にそれを売り物にしているそうです。
白いオムレツが人気を呼んでいるそうです。

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>無礼なブレンディですさん
こんばんは! いつもありがとうございます。
僕の両親も養鶏農家なので、黄身の色の苦労は良く聞きます。 両親は飼料米ではなく、ハネ品のオオムギを鶏の餌にしていますが、やはり黄身の色がレモンイエロー(白っぽい、、)で、なかなか説明はするも、苦労しています。
海草を入れたり、田の畦草を毎日沢山食べさせて、良い黄身の色になるよう頑張っています。
黄身の色が良くなるものを与えると、色だけじゃなくて、味もすごく良くなります。
しかし、その為の苦労はハンパ無いですね~。
白くてみんなが喜んでくれるように、営業していくことも大切なんでしょうね。。
豚も、仕上げに飼料米を一割程度与えると、肉質が良くなるというデータがあるそうですね。
まさに、マクロビ豚!?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です