アイガモの孵化

去年から卵の孵卵機を知り合いの農家さんから譲っていただき
お隣のパンプトン農場に設置しました。

無農薬の米作りの方法のひとつに、アイガモ農法があります。

田んぼにアイガモを放して、草をおさえる抑草方法ですが、
いかんせ雛代がすこぶる高いのです。
しかし、田に鴨を放せば草が生えないわけではなく、そこから色々な気苦労などが始まるのです。
購入した雛たちが、あっという間にカラスやイタチ、ネコなどで壊滅してしまうことも
多々あります。
目の前でカラスがアイガモをくわえていく度に、頭の中のソロバンがはじかれていきます(涙)

まあそんな訳で購入するよりも、自分たちで卵を孵せたらすごく経済的にもメリットがありますし
昨年の雛達が親になり、卵をうみ、そして今年の田んぼで働く雛達が産まれるという
循環も、とても素敵です。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

これが孵卵機です。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

今年の田んぼの小さな勇者たちの誕生です!

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

子鴨に敬意を示し、愛くんも生まれたままの姿でお出迎え♪

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

卵から命って、ホントに生まれてくるんですね。

毎日何気なく食べてる鶏の卵も、
たまにはそんなことを思い出しつつ、ありがたく頂きましょう!

ここで、ひとつお知らせがあります。

じつは我が家、これだけ孵化のことを記事にしといてナンですが、、
今年はアイガモ農法はやりません!

我々は普段、山の中にいるため
カラスが加えて持っていっても、ネコがウロウロしてても、なかなか瞬時に対応できません。
アイガモ農法は、家から顔を出したら田んぼが見える。
そんな距離感が理想的です。
だから、今年は人力での除草に力を入れて、米を作って生きたいと思っています。

いままで我が家のお米をかって下さっていた皆さま!
今年からアイガモ米ではなくなりますが、気張って作っていきますので
今年もよろしくお願いします!!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です