苗代と稲の種まきと山菜

今日のブログはシコタマ写真だらけです。
ご容赦ください。

お米の苗つくりの話です。
まず、10日ごろ前にベットを形作ります。
トラクターで耕し、鋤簾で必要な形に溝をつけます。
 

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

目印の棒やヒモを張ると、綺麗に作れます。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

マッスルパワーで掘り上げます。
形を作ってから数日は、乾かしてベットを固めます。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

そして本日、苗箱に土を入れて、種を蒔きます。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

先日ノゲ取りした「コシヒカリ」と、親父の「ミルキークイン」を蒔きます。
ノゲ取り後、塩水選と温湯消毒と目出しを行い、今日に至ります。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

一箱100gまきで蒔いていきます。
我が家は成苗といって、通常20日ほどで作る苗に比べ
30日かけてしっかりした苗を育てます。
そうして元気で立派な苗を作り、田植え後なるべく早く根を張ってもらい
初期の雑草対策に取り掛かるのです。

無農薬で育てる為の、知恵と工夫です。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

そして、午後からベットに苗箱を置いていきます。
ここで、保育所のパパ友が手伝いに来てくれました!
人手でやっつける体力勝負の仕事だけに、ありがたいことです~♪

しかし!

勢い良く全部並べてから、床下シートなるものを敷き忘れていたことに気がつきました。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

全部いったん脇によせて、根が張りすぎない為のシートを張ります。
30日も置いておくと、根は苗箱の下にビッシリ張ります。
このシートがないと、根が土の中にしっかり伸びて、苗箱が取れなくなるのです。

すっかり忘れていました(笑)

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

で、、なんとかシートの上に苗箱が置かれ、、

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

保温、保湿目的のミラーシートが張られます。
これを、飛ばないようにするのがまた、一苦労です。

パパ友さん、研修生のフジイクン、どうもありがとうございました!!
おかげで今年も、なんとか苗代に苗がおかれました。

さあ、今年はどんな苗になるかな~。

夕方には、保育所帰りに愛土のチェックも入ります♪



~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

そんなこんなで、今日は良く働いたな~
なんて思いながら帰宅すると、、

明日は朝から雨なので、嫁さんに山菜を取ってくるよう指示を頂きました!!

うむ~、もう陽が落ちてきているぞ!
急がねば!!

と、ヘッドライトを頭に山の中に入っていきます。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

今回、採りに来たのはこちらの「コシアブラ」と、「タラの芽」

両方、木の芽です。
春の、芽吹きの力満タンの山菜です。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

薄暗くなる中、ずっと山の奥に入っていきます。
そして、狩場に到達すると、取り頃の木を探して登ります。
分かりづらいですが、相当高い木の上です。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

目の前には、大きなコシアブラの木。
自分の登ってるのもコシアブラの木。

でも、これも無茶苦茶に芽を取ると木が枯れてしまいます。
木を枯らさぬように、上手に剪定するようにとっていきます。

目の前に見える木、、
あんな感じのところに登っています。
ちょっと、バランスを崩すと、木ごと折れてしまう、、!
というギリギリのラインでの攻めぎ合いがたまらんのです。

ポツポツ雨も落ちてきました。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

なんとか、雨降りの前に取り時期の山菜をゲット!
今晩は美味しい日本酒と山菜の天ぷらでした。

ああ~、生きてるって最高!
と、思えます、お酒と山菜の天ぷらの相性は!!

幸せだな~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です