鶏の解体②


以前、鶏の解体のブログをかきました。
そしたら、首切りなどの詳しい処理方法について聞いてくださった方がおられました。

だもんで、、

今回はかなり踏み込んだ鶏の解体レポートになります。

心臓の弱い方と、生々しいのに弱い方はみないで下さい。
あと、メチャクチャ写真が多くなり長くなります。
ご了承ください。。

始まりです~

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

こんな感じで、鶏を吊るします。
鶏の血を、上手に回収して肥料にするとすごく良いのだと、爺さんはボヤいていました。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

まあ、吊るし方は何でも良いのですが、結び易くほどけにくく解き易い形が理想です。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

僕は、丁寧にやる時はこうやって持ちます。
中指が鶏の背骨辺りにきて、人差し指と薬指で羽を持ち、
親指でクチバシを持ちます。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

左手で鶏を持ち、右手にナイフを持てば、ちょうど頚動脈を切り易い格好になります。
僕は、包丁で切る派です。
爺さんは、カッターナイフで切る派です。

ちょうど、エラみたいなのがある下らへんを切ります。
どこか分からなければ、人間とおなしように脈を探せば大体の位置の検討がつきます。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

でも、プロは頚動脈を捜すことも、複雑な時間がかかる持ち方もしません。

首を持ってナイフの刃の長さを活かして 「スーッ」 とバシバシ切っていきます。

手前の鶏が、羽をバタつかせているのが分かりますか?
うかつに近づくと、流れ落ちる血が舞いちり、被弾します。

バタつかせない方法がこちら!

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

羽を二重にクロスさせます。
こうすると、派手にバタバタできずに返り血を浴びずにすみます。
が、やはりプロは手間なので素早く連続で首を切って、安全地帯へ避難します。
鳥たちは、派手に暴れて絶命します。

ズラッと書くと、ちょっと残酷にも思えるかもしれませんが
一発で頚動脈を切って、綺麗に血を抜いてやり、なるべく短い時間で絶命させてあげる事が、鶏にとっても一番良いと思います。

このあたりは、ペットと家畜を一緒に考えてしまう人には、中々難しいかもしれません。

ですが、愛眼動物と家畜を同じように考えることはできません。
人が身近なパートナーとして飼うペットと、生きていく為に、食べるために飼われている家畜とでは、同じ動物でも目的が違います。

今の僕たちの生活では、役割分担が細分化されていて中々食べ物がどこからどうやって来ているのか見えづらいです。

ですが、こうした命をいただく経緯を経て、僕たちは食卓でお肉を食べる事ができていることを知っておくことは、大切だと思います。
これら一連の流れを知ってこそ、食前の
「いただきます」
と言う言葉の意味に深さを、想う事ができると思います。

これら一連のことが、「かわいそう」 だけではなく、「ありがとう」 と皆が思えれる日がくれば
食べれる物が捨てられる時代は終わるのではとも思います。

ちょっと話がそれてしまいました(汗)

で、、その後、首を切られた鶏は、約70度の熱湯に1分浸けます。
毛穴をひらき、毛を抜き易くするためです。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

僕は、時間ではなくシッポや手羽先のゴツい羽の抜け具合でお湯に浸ける時間を決めます。
お湯の温度などで、時間だけでは適期を決めきれないこともあるからです。
足りないと、毛が全く抜けないし、浸けすぎると肉が煮えてしまいます。

そして、脱毛機にかけます。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

突起したゴムが沢山出っ張った洗濯機みたいなものです。
底面が回り、鶏も回ります。
中でスムーズに滑らせる為に水を(毛穴が締まるので、できればお湯)かけながら回します。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

かなり、綺麗になって出てきます。
でも、最後は人の手で仕上げてやります。
お肉に毛根が残って食卓に出てくると、流石に気持ちが萎えるからです。

ここから解体方法です。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

モモに包丁を入れて、開いていきます。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

< br>骨をはずし、腱を切って綺麗にはずしていきます。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

肩あたりに包丁を入れて、胸肉と手羽先をはずします。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

引っ張りながら包丁を入れていきます。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

そして、ササミをはずして、食べれる内臓をとると後は、ガラと堆肥に廻る食べれない内臓が残ります。
凄腕の若手職人が流れ作業で、アッという間にバラバラにして、お肉の形になっていきます。

食べれない内臓や残渣も、爺さんがキチンと堆肥にして、畑に持っていかれ美味しい野菜の素となり、その野菜のクズを鶏が食べ、卵を産み、そして卵を産まなくなったその鶏を我々が食べ、また、堆肥となります。

これぞ、循環型農業!

さて、、撮影係で目立たなかった僕ですが、実はこの後丸焼き用に仕上げる丸鶏の、内臓をゴッソリ取る中抜き係りで頑張っていました。
こちらも、なかなか熟練の技がひかるご紹介したいネタなのですが、、
手が汚れてしまって、写真が全くありません!

また、次の機会にでもご紹介させてもらいます。

そして今日つくった丸鶏は、4月の第3日曜日に毎年やってる我が家とパンプトン農場の共同イベントのお花見で、皆さんに食べてもらう予定です。

マジ最高に美味いですので、今年も参加される方は楽しみにしていてください♪

参加できないと言う方は、、

鶏の丸焼きは我が家のおもてなし料理の一品ですので、
ぜひ良い機会に遊びにいらしてくださいね~。

以上、とても長いブログにお付き合いいただきありがとうございました!

20 Comments

わたなべ

SECRET: 0
PASS:
坂本さん、ありがとう!
追伸:
地層処分のことも、知らなかったことがたくさんあって、とてもありがたかったです。

返信する
わたなべ

SECRET: 0
PASS:
坂本さん、ありがとう!
追伸:
地層処分のことも、知らなかったことがたくさんあって、とてもありがたかったです。

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>わたなべさん
とても遅くなり、申し訳ないです。
でも、書ききった感があり、ちょっと満足です(笑)
地層処分、、もっとちゃんと勉強してみたいですね。

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>わたなべさん
とても遅くなり、申し訳ないです。
でも、書ききった感があり、ちょっと満足です(笑)
地層処分、、もっとちゃんと勉強してみたいですね。

返信する
hamai

SECRET: 0
PASS:
こんばんは。返信が遅くなりました。豚肉ちゃんと届いていておいしく頂きましたよ。脂身が普通と違って固めでうまみがある気がしました。パンフももう配りましたよ。興味がある人もいましたので、連絡があるかもしれません。ブログの鶏解体リアルですね。興味ありますが、まだやったことありません。4月の丸焼きにはぜひ行かせてください。

返信する
hamai

SECRET: 0
PASS:
こんばんは。返信が遅くなりました。豚肉ちゃんと届いていておいしく頂きましたよ。脂身が普通と違って固めでうまみがある気がしました。パンフももう配りましたよ。興味がある人もいましたので、連絡があるかもしれません。ブログの鶏解体リアルですね。興味ありますが、まだやったことありません。4月の丸焼きにはぜひ行かせてください。

返信する
ウッチー

SECRET: 0
PASS:
本当に命に感謝ですね。
最近特に食べ物のありがたさを感じます。話は変わりますが、以前お話しした食用油はどうやら、リサイクルされているようです。坂本さんに使ってもらえないのは残念だけど、リサイクルされていて少し安心しました。

返信する
ウッチー

SECRET: 0
PASS:
本当に命に感謝ですね。
最近特に食べ物のありがたさを感じます。話は変わりますが、以前お話しした食用油はどうやら、リサイクルされているようです。坂本さんに使ってもらえないのは残念だけど、リサイクルされていて少し安心しました。

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>hamaiさん
お褒めの言葉と豚肉のチラシの件、あわせてありがとうございます!!
4月のお花見にお会いできるのを楽しみにしています。 交流会という名目もつきましたので、ぜひよろしくお願いします!

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>hamaiさん
お褒めの言葉と豚肉のチラシの件、あわせてありがとうございます!!
4月のお花見にお会いできるのを楽しみにしています。 交流会という名目もつきましたので、ぜひよろしくお願いします!

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>ウッチーさん
こんばんは、いつもありがとうございます!
先日は、我が家のことをウッチーさんのブログで取り上げていただきありがとうございました。
油の件も、ご丁寧にありがとうございます。
でも、リサイクルって何でしょうか?
ホントに綺麗な天ぷら廃油は、濾過して中国へ持っていかれ、あっちで揚げた物が日本に輸入されてお弁当のコロッケとかになってるって聞いた事が。。。

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>ウッチーさん
こんばんは、いつもありがとうございます!
先日は、我が家のことをウッチーさんのブログで取り上げていただきありがとうございました。
油の件も、ご丁寧にありがとうございます。
でも、リサイクルって何でしょうか?
ホントに綺麗な天ぷら廃油は、濾過して中国へ持っていかれ、あっちで揚げた物が日本に輸入されてお弁当のコロッケとかになってるって聞いた事が。。。

返信する
眉海

SECRET: 0
PASS:
以前うちで爺ちゃんが鶏解体したとき、「後は頼む」と言われ、毛を抜いた暖かい鶏に触れたとたんヘナヘナ~っと脱力、「爺ちゃん~ダメだ~できない~」と叫び、しばらく塩水につけて冷たくなったらいつもの鶏肉と同じようにさばけたのを思い出しました。~我ながらだらしない!桜の山の皆さん、尊敬してます!

返信する
眉海

SECRET: 0
PASS:
以前うちで爺ちゃんが鶏解体したとき、「後は頼む」と言われ、毛を抜いた暖かい鶏に触れたとたんヘナヘナ~っと脱力、「爺ちゃん~ダメだ~できない~」と叫び、しばらく塩水につけて冷たくなったらいつもの鶏肉と同じようにさばけたのを思い出しました。~我ながらだらしない!桜の山の皆さん、尊敬してます!

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>眉海さん
こんばんは、いつもありがとうございます!
そんな乙女な部分を持ち合わせた、なんでもできるスーパーウーマンの眉海さん、、素敵でございます♪
そういえば以前友達が遊びに来たときに、笑いながら鶏の体に手を突っ込んで内臓を引っこ抜いてる嫁を目撃し、衝撃をうけて帰っていかれたことを思い出しました(笑)

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>眉海さん
こんばんは、いつもありがとうございます!
そんな乙女な部分を持ち合わせた、なんでもできるスーパーウーマンの眉海さん、、素敵でございます♪
そういえば以前友達が遊びに来たときに、笑いながら鶏の体に手を突っ込んで内臓を引っこ抜いてる嫁を目撃し、衝撃をうけて帰っていかれたことを思い出しました(笑)

返信する
ウッチー

SECRET: 0
PASS:
うちの会社の食堂の油は、やはり燃料になっているようです。最近の経済状況では、ろ過→中国に送ることは考えにくいと思いますが・・・・
せっかく作ったものなら安全に活用してほしいと思う今日この頃です。

返信する
ウッチー

SECRET: 0
PASS:
うちの会社の食堂の油は、やはり燃料になっているようです。最近の経済状況では、ろ過→中国に送ることは考えにくいと思いますが・・・・
せっかく作ったものなら安全に活用してほしいと思う今日この頃です。

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>ウッチーさん
どーもありがとうございます。
参考になりました。
どこかBDFをやってるおおきな会社か、もしくは自社でってことになりますか。
なんにせよ、無駄にされてないのならヨシでしょうか。
どうもありがとうございました。
また良いときに、大豆をどのくらい取っておけばよいか教えてください。
よろしくです!

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>ウッチーさん
どーもありがとうございます。
参考になりました。
どこかBDFをやってるおおきな会社か、もしくは自社でってことになりますか。
なんにせよ、無駄にされてないのならヨシでしょうか。
どうもありがとうございました。
また良いときに、大豆をどのくらい取っておけばよいか教えてください。
よろしくです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です