豚の出荷と愛くん

 
ありがたいことに、初回の豚肉出荷分が飛ぶように売れました。
なので、昨日また豚を屠場に出荷してきました。

4つ足動物は、屠場へ持っていかなきゃいけない決まりがあるそうです。
我が家の豚も例外ではなく、岡山の屠場に持込み、骨まで抜いてもらった形で持ち帰り、それを近所のお肉屋さんに持ち込んで、製品にしてもらっています。
次回、お肉の出荷可能予定日は2月の17日以降になります。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

先月、突貫工事でつくった出荷用のアオリですが、
次回の出荷までには、キチンと各部分を修正して手直しとペンキと~
なんて考えてましたが、前回とまったく同じまんまでの出発です。
アオリを固定する金物をまだつけれてないので、オレンジのバンドで固定してます。
かっこ悪いです(笑)

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

3頭の豚たちには、前日からトラックに乗り込んでもらっていたので
けっこうウンコだらけです。
我が家の豚小屋はホントに臭いニオイがしないので、このトラックの周りだけ養豚場の臭いが漂ってます。

先月から、麺クズを定期的にもらえるようになりました。
だから、今回の豚たちから、餌の中に麺クズが1~2割近く含まれたものを食べています。
基本、麺クズは小麦を水で練ったものなんで、食い込みと消化吸収の良い良質の炭水化物です。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

これが麺クズです。
けっこう大きなものなので、均等に豚に食べてもらえるように一口サイズにちぎってから他の餌と配合してます。
スッッッゲーーーー、時間かかります。

麦を食べてつけた脂は、とても美味しいと言われています。
「パンを食べさせるといい」と、よく言われていますが、麺クズもパンとほぼ同じと考えています。
以前から、パンも1割くらい、あとトウモロコシの変わりに大麦を引き割ったものも与えています。
麦ばっかりです(笑)

じゃあ、それらばっかり食わしとけば良いのかというと、そうでもないみたいなんです。
定期的にもらえるようになった麺クズが、吉とでるか凶とでるか!

この餌の違いが、肉の味ににどう出てくるのかと、今からドキドキしています。
前回食べていただいた方は、その辺りも思いながら食べて、また感想を聞かせてもらえるとうれしいです。

働き者の息子の写真です!

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

こぼれた餌や、豚が廊下に出しちゃう床を綺麗にする作業です。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

子豚の餌やりも張り切って頑張ってくれます。


基本、豚小屋に行くと父チャンはかまってくれなくなるので、
「ブタマンマ、いかん!」
と、嫌がって付いてきてくれませんが、たまに一緒に上がってくると張り切ってお手伝いしてくれます。

父ちゃんには、幸せな時間です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です