EVデロリアン

今日も電気自動車のはなしです。

前回のブログでは、自動車会社が作ったEVをみてきましたが、世の中には自分で電気自動車を作ってしまってる人たちがいらっしゃいます。
もともと乗ってるエンジンを降ろして、そこにモーターとバッテリーをつけて電気自動車にしてしまうのです。
理屈や仕組みはそんなに難しくないそうですが、本格的な電気の知識や初期投資、ガッツとやる気などが必要そうです。

そしてなんと広島では、映画「バック・トゥーザ・フューチャー」で、タイムマシンとなった車、
デロリアンを電気自動車にしてしまった人がおります。

オーナーさんは、もともとデロリアンという車が大好きでしたが、古い車という理由だけでないほどよく故障する車らしく、車両維持費が莫大かかるそうで、高値の花だったそうです。
じゃあ、電気自動車にしてしまえば故障するところが無くなるじゃん!
と、いうことで、普通のサラリーマンの方が、協力者を募りEVデロリアンをホントに完成させてしまいました。

その方のブログです。
http://delorean.tumblr.com/page/1

古い車に手を加えて乗り続ける。
お金を介さず、沢山の協力者が力を貸してくれる。
手作り。
金持ちの道楽ではない
etc。。。

天ぷらカーと、すごく通ずる部分があまりに多かったのです。

テレビでデロリアンさん達の活動を知ったとき、ビビッときました。
心の中で、電気自動車への扉が開いた瞬間でもありました。
これは絶対合わねばイケンと!

そんなわけで昨日、デロリアンさんたちと初顔合わせさせてもらってきました!

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

ちょっと早く到着したため、まだデロリアンは充電中でした。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

ボンネットの中です。
奥の2つが充電器で、手前がブレーキの油圧用のコンプレッサーというのかな、、


~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

PCで、常にバッテリーの電圧や電流を映しながら充電しています。
走っているときも、このPCで全体の状態を把握して

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

運転席からみえる位置にモニターを置いて、状態を把握、確認してます。
これが、ガソリン車などでいう燃料メーターやタコメーターみたいなものです。
すごいシステムです!

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

そしていよいよ動き出します。
音も無く動き出します。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

そして撮影タイム♪

かっこいーーー!
僕のほかに4人ほど見学に来ていました。
みなさん、この車のファンだそうです。
僕は、デロリアンファンではないのですが、それでもえらいカッコイイと感じました。
いろんな意味で、この車が電機で動いてることの意味は大きいと思います。
ちなみにこの車、ステンレスのボディーにFRPのフーレーム、、でしたっけ?
まあ、すんごいんです。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

助手席に乗せてもらいました。
エンジン音がなく、タイヤが地面を駆ける音が良く聞こえます。
想像以上の加速性や走りにビックリしました。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

こんなモーターが、トランスミッションに直結されて駆動しています。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

バッテリーは15vのリチウムイオンバッテリーが8つ。
120vの直流でモーターを回してます。

~豚飼いと天ぷらカーと子育て~ 桜の山農場のブログ

そして、アクセルのふみ方でモーターに送る電流を調節しているコントローラーが、
奥の黒いヤツです。
熱を持つため、アルミのダクトで送風してます。

先週みてきたE-ZONEも、このコントローラーでスピードはコントロールしてるそうです。
グリーンアリーナで説明してくれたオッチャンは、変速機でコントロールしてるって教えてくれました(笑)

なにか、ボンヤリした夢だった電気自動車が、急に現実的な夢になった気がします。
オレもやればできるかも!
そう思えました。

目標は、軽トラEVで毎日のチョイ乗り
10キロ以上は天ぷらカー。

そんな日が来ることを想像して、ワクワクしてます!

楽しみが、やりたい事が沢山あることは恵まれたことだと思います。
感謝しつつ、楽しんでいきたいと思っております。

p.s. 僕、素人なんで間違った数字や名称があるやもしれません。あまりこのブログのデータは信用しないでくださいね(笑) 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です