麦踏と中耕

なんだか最近雨が多いですね。

麦畑は排水性が命です。
だから、5メートルおきくらいに排水用の溝が切ってあるのですが
今回トラクターに播種機をつけて蒔いたため、切っておいた溝がなくなったりその上に耕して蒔いちゃったり。。
だもんで、なかなか雨が降るたびにハラハラしてました。

ハラハラする理由として、1つは湿害による生育不良です。
そしてもう1つは麦踏や、ぼちぼち目立ってきた草を小さいうちにやっつける為、機械を入るタイミングを逃してたからです。

して最近、ようやく麦踏できました。
一反五畝で一時間キッカリ。
麦踏作業としてとても早いのです。 そして、キッチリ踏めてます。

では、我が家のとても効率的な麦踏をご覧ください!

エゴライフの日々、、 桜の山農場のブログ

右に見えてるのは排水用の溝です。
その左に、麦がしっかり押さえられてるのが分かりますか?
左の方の列は、これから踏むヤツラです。

で、これが我が家のスーパー麦踏マシーン!

エゴライフの日々、、 桜の山農場のブログ

はい、原付です♪
これがメチャ良いんです!
車体が100キロくらいで、僕の体重が70キロくらい。
車輪が2つあるから、片輪に約80~90キロくらいの加重で鎮圧してる計算です。
前輪と後輪にバランスよく重さかける位置に乗って走るのがポイントです。
タイヤが太めなのも大事です。
カブみたく細いと、たぶん埋まってしまったり、麦を痛めてしまうと思います。
調子よいと、すごいスピードで進みます。
仕事みたいな遊びで、遊びみたいな仕事です。

でも、、、車輪の跡がケッコウ沈んでしまってるので、すぐに中耕して新しく溝も切りたかったのですが、なんとまさかの雨です!
ガッカリしたけど、2日後の今日には踏まれた麦は元気に起き上がってるし、まあいいか。。
で、半分ほど中耕してきました。

エゴライフの日々、、 桜の山農場のブログ

土が湿っているので、重たい土の塊になって麦の上に沢山かぶります。
あんまりひどいと、麦がなくなってしまうので気を使います。

稲作の格言で「草を見ずして草をとる」ってのがあります。
麦も、その他の野菜も同じところがあると思います。
やるなら、早いうちが楽で効率的なのです。
だから、晴れが続いてキッチリ乾く日を待たずしての強行です。

最近のランチは、かなりの確立で自家製麦の乾麺の太うどんです。
ちなみに夏場はいつも細うどんでした。
朝も、高い確率で自家製粉のパンがでます。
夜はたま~にお好み焼きやたこ焼きやナンカレーやピザなどでます。

3食のうち、多いと3食とも麦だったり、、する可能性もあるわけです!
粉、大好き家族なわけで、大事な麦たちです。

愛情もって育てていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です