嵐の日々・・

 どうもご無沙汰しておりました。

今週の月曜日に大豆の脱穀をしました。
昼に弱雨が降るとのことで、朝からプチパニック状態での突貫作業でした。

なんと我が町のJAは無料で大豆の脱穀機を貸してくれるのです♪
まあ、その機械の素晴らしいこと!
でもケッコウ時間かかりました。 
弱雨は確かにお昼ごろ、ちょろっっっとだけ降りました。
どーーちゅうことはなかったです、はい。
もおちょっと落ち着いてやれば良かったね。
まあ、あとの祭りです。

で、実家で手伝ってもらった皆とお昼食べて和んでました。

「あ、朝ちょっと愛くんの咳がおかしかったから、この後機械を掃除して返したら病院に行くんだった。。」

でも、これから色々やってると診察時間に間に合うかギリギリの時間。
嫁さんに保育所へ迎えに行ってもらい、僕はJAに機械を返し
そして僕が病院へ連れて行く。
という段取りになりました。
我が家は嫁さんに3ヶ月の娘が引っ付いてるので、まあ、色々めんどくさいのです。
特に病院は風邪もらったらカナワンので連れてけないそうです。

急いで動き出します。
保育所へ行った嫁さんから電話なります。
「発作が出てる! すごいしんどそうで、、こりゃアカンわ! 早くして~~」
でも、時間はカッッツカツ!
フルスピードで動きます。

診療終了時間に3分遅刻しましたが、電話してたので診てもらえました。
吸入してステロイドなど一式処方してもらって、
「ステロイドはすぐ飲んでね。 夜また酷くなったら今日は夜間も私が診てるから連れてきて」
と親切にしてもらいました。

病院での処置で、一旦は落ち着いたのですが帰ったらまた発作が出てきて。。
一通りの仕事をフルスピードでカタつけて、お泊りグッツを準備してまた出かけます。
先生と電話で話し、夜間診療飛ばしてそのまま入院になりました。

喘息はホントに気の毒です。
本人はなぜ苦しいのかは分からないけど
苦しいから泣いたりグッタリしたりを繰り返します。
親にできることは、薬による予防と発作が起こる前に病院へいき、処置してもらうこと。
そして発作がおきたら、薬でしっかり治してやるのが大事だそうです。
何度も大きな発作を起こすたびに、再発の頻度が上がるそうです。
今も5種類の薬を飲んでます。
子供だから、甘い薬は大好きですが、自然チックな物は梅干だって拒否されます。

山の中の一軒家で、わりと健康的なもの食べて走り回って大きくなってるのに
こんなこともあるのです~。

さて、入院生活ですが毎回大変です。
夜間の付き添いはインフルエンザの問題などあるもので3ヶ月の麦ちゃんはダメと言われてます。(でも、日中はいても良いのです。なぜ夜間だけ・・?)
だから、夕方早めに豚の餌をやって次の日の餌を仕込んで
風呂を炊いてご飯を炊いて風呂に入って弁当作って病院に出かけます。
嫁さんと病院で夕飯の弁当を食べて、嫁さんは寝に帰ります。
次の日の早朝、嫁さんは豚の餌をやって洗濯して病院に来ます。
僕は残しておいた弁当を食べて嫁さんを待ち、スイッチ。

どうしてもやらなきゃいけない仕事だけピックアップしてやっつけてきます。
一度転がった鍋は転がりっぱなしです。
毎日が突貫作業みたく過ぎていきます。

でもまあ、薬で発作が治まればいつもと変わらず元気な愛くんです。
(そのぶん日中の嫁さんはハード。。)
点滴がはずれたら病院の廊下を走りまくってます。
愛くんのダッシュの甲斐あって、なんとか3泊4日で帰ってこれました。

でも、喘息の症状も頻度もけっこう良くないほうだと言われてます。
病気と付き合っていくのって、体力も気力も必要なんですね。

しかし、今週は雨が多かったですね。
あのタイミングで脱穀してなかったら大豆は壊滅状態だったでしょう。
だって刈り取って山積みにしてたんだもん(笑)
ただ、、脱穀してその後まったく見てないのです!
カビてたりしてないかな~~(汁)

明日にでも見てみよう。 怖いけど!

2 Comments

SECRET: 0
PASS:
うちの長女、長男も喘息でした。
二人で年間12回入院した年もあり、病室から出勤ってのが、ごく当たり前だった時期もあります。
最近は発作も無く、やっと落ち着いて生活出来る様になりました。
生後数ヶ月で家畜に囲まれて生活すると喘息にならない様です。
あまりに衛生的になり過ぎた現代社会が原因だと言う事なのでしょうか?
末っ子は、兄、姉から雑菌をたっぷり摂取出来たのか?元来強いDNAを持ち合わせてるのか?
強いです。
何処の国だったか?牛舎に乳飲み子を連れて働く習慣のある地域には喘息の子は居ないとか??
何とか?って牛の糞の中にいる菌が人間の抗体バランスを決めるのに重要な役割を果たしているそうですよ!
昔の農家には、必ず牛がいましたもんね!

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>朔さん
いつもありがとうございます。 
そしてご苦労様です!
そうなんですか、家に家畜がいると、、
我が家は犬も猫も鴨もロバも豚も鶏もいますが、、、
逆にそのせいでノミダニホコリのアレルギー数値が高いのかとも思ってました。
でも、免疫がつくという話もあるんですねー。
ちょっとホッとしました。
しかし翔さんも一昔前は病院出勤でしたか!
ほんとくたびれますよね。。
でも、綺麗な看護師さんが夜勤の日などはなぜか息子も一緒にテンション上がるのです。
なぜだろう・・・。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です