天ぷらカーワークショップ①

 寒くなりましたね~!

昨日のワークショップの報告です。

金曜日の夜から、講師の山野さんが東京から車で走ってこられました。
宮城から、も、天ぷらカー乗りの倉田さんが運転補助兼、サポーターとしてかけつけてくれました。 
まず、この時点で天ぷらカーユーザーの行動力に驚きます!

そして、土曜の夕方に到着された二人は夕食食べて、9時前にはすでに目がシバシバでしたが、トラブルや技術的な天ぷらカー談議にとても盛り上がりました。

当日は我々の資料や道具の段取り不足などで、直前までバタバタしていましたが
ギリギリで資料もそろい、まあなんとか始まりました(笑)

エゴライフ創造の日々、、 桜の山農場のブログ

まずは簡単な生活学校の自己紹介と、講師の山野さんの挨拶。
そのあと、実際に天プラ油で動いている車の見学と説明です。

エゴライフ創造の日々、、 桜の山農場のブログ

講師の山野さん(手前の茶色いTシャツ)の車の中には、なんと濾過装置が積まれていて、
車の中で廃油の濾過ができ、その濾過した廃油を運転席のスイッチ1つで
燃料タンクに送ることが可能なのです。
東京暮らしのマンション住まい、濾過スペースなど生活スペースにはない中で
生まれた仕様で、おそらく日本でもこの一台しかこんなことしてないでしょう(笑)

エゴライフ創造の日々、、 桜の山農場のブログ

これが濾過装置です。
大事な部分はよく見えませんね。。
機密情報ってわけではなく、良い写真を撮り忘れてました。

黒いホースの底にポンプが付いていて、後部の荷台から燃料タンクにポンプアップされます。

ちなみに、この濾過装置も、後に出てくる熱交換器も講師の山野さんが独自に考案されたシステムで、この世界では「山野式」と呼ばれています。

僕もこの濾過システムを真似たものを作り油を濾過しているし、今回このワークショップで仕様変更するボンゴダンプも「山野式熱交換器」を装着します。

なぜ、僕が「山野式」をこんなに宣伝するかと言うと、、

天ぷらカーにするためには「廃油の濾過」と「熱交換器」が欠かせないのですが、一昔前だと何十万も出さないと精製してない天ぷら油で車を走らせることはできませんでした。
日本では、天ぷら油で車を走らせるためのパーツなどどこにも無く、先進国のドイツやアメリカのメーカーの部品を購入しなければならないためです。

しかし、ここ1~2年くらいの流れだと思うのですが、急激に安価に天ぷらカーに仕様変更できるようになってきてます。
それは、海外のパーツも紐解けばそんなに複雑なものではなく、自分たちで同じ働きをするモノを作り出してきてるからです。

その、代表選手が今回来てもらった「山野さん」です。

今回のワークショップでは、鹿児島から天ぷらカーに乗って駆けつけてくれた方もいらっしゃいました(真ん中のメガネの方)。

エゴライフ創造の日々、、 桜の山農場のブログ

この車輌はフォルクスワーゲン、ゴルフⅢです。

このゴルフという車は、天ぷらカーの代表車両といっても良いと思います。
様々な条件が、天ぷらカー仕様に適していると、多くの先駆者がこの車両で天ぷら油で走っていますし、また、この車の素晴らしさを乗ってる誰もが口にします。

僕も、皆さんの前で自分の車の説明をしましたが、全然説明しなれてない自分にビックリしました(笑)

午前中は天ぷらカーの基本的なシステムの説明と廃油回収の方法と実例、濾過装置や熱交換器、その他の必要なパーツの説明もあったのかな。。

同時進行で僕は、外の駐車場でボンゴの天ぷらカー化の為の準備を進めてました。

昼食後、みんなで車座になり自己紹介と一言ずつ話してから、自然と天ぷらカーに乗る事の素晴らしさやトラブル、心構えの話になりました。

講師の山野さんが声を強くしてしゃべられる場面がありました。

短くまとめるには難しい話なのですが、、
車にのるにあたり、事故を起こさないための運転は全てのドライバー責任です。
それプラス、天ぷらカーに乗るという事は法に触れぬとはいえ、配管をイジッたり、様々な部品を組み込んだ車に乗ることになります。
当然、車両トラブルの起こる可能性が増えることを考慮したうえで、キチンとしたシステムを組まなくてはいけない責任があること。

もし、トラブルでエンジンストップしてしまった場合の対処がキチンとできること。
それは、安全な場所で停車すること、場所が場所であれば自分でその場で適切な処置し、安全を確保しなくてはならないこと。

大事な家族、自分もを含めた命をのせて走るという事。

じつは僕も最初は半端なシステムで走って、重大な事故を起こしかねない状況を作ってしまってるので、この事は後に続く人にまず、理解してもらいたいと強く思います。

その話の後、本格的な車両の仕様変更が始まりました。
また、明日にでも、車のことは詳しくアップしていきますが~。

エゴライフ創造の日々、、 桜の山農場のブログ

最後、スタッフみんなで記念撮影しました。

山野さん、倉田さん、梶原さん、ほんとありがとうございました!
おかげ様で良いワークショップになったなと思ってます。

明日につづく。。

2 Comments

眉海

SECRET: 0
PASS:
今回は残念ながら欠席したワークショップでしたが,技術と思いを分かち合った,まさに生活学校ならではの会になったようですね。記念撮影が油臭く,また男臭く(笑)男子部と言った風情がまたよろしいですね。続報を期待してます。

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>眉海さん
ほんとだ!
なんか男ばっかりの部活みたく見えますね(笑)
ちなみに加齢臭の一歩手前は天ぷら廃油の匂いにそっくりとか。。
どうりで天ぷらカーにはギャルがより付かぬわけだ!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です