上関の原発問題

昨日の夜間から早朝にかけて、田ノ浦湾に残りのブイが全て打ち込まれました。

今回も、反対運動が行われてる田名埠頭からではなく、
違う港から運んで、闇にまぎれて工事を完了したそうです。

海上でただにらみ合ってる時間は、たしかに見てるほうも辛かったし
中電としても、早くこの状況を打開したかった気持ちは分かりますが。。

こんなやり方でホントに良いのでしょうか!?

ますます反対派の感情は高まります。
住民理解を得るための努力を、いったいどういう形で進めるつもりなのか。。

まあ、なんにせよ夜中にコッソリってのは、やり方としては最低だと僕は思います。

こんなやり方がまかり通って、、、日本社会はこれを認めるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です