バイオコンポスト

我が家の優秀な生ゴミ処理施設のご紹介です。

1年10ヶ月前、愛くんが産まれるその前の日に 
陣痛でたまに動きがストップする嫁さんと建てたパレットハウスです。

エコライフ創造の日々、、 桜の山農場のブログ

踏み込み式豚舎のテストも兼ねて作りました。
手前の40㎝くらいの石塚分が発酵層になり、糞尿をその場所で堆肥にします。
堆肥、、って言ってもかなり乱暴な物で、「一次処理」と言った方がしっくりきます。

この部屋に我が家の生ゴミを入れると、、、

エコライフ創造の日々、、 桜の山農場のブログ
ペット兼非常食のミニブタと、雄鶏のジョニーと雌鶏のニコちゃんがキレイに食べてくれます。
ニコちゃんは卵産んでる最中でした。 ジョニーが守ってます(笑)

世間ではインフルエンザが流行りですが、、豚と鶏の相性はすごく良いです。
まっっったくハエもウジもわきません。
今も昔もこのスタイルは世界中で流行ってると思いますが、、
インフルエンザね~汗

ま、置いといて。。

そして、ここに生ゴミを放り込むだけで卵の自給と必要があれば豚肉も!?
そして畑の堆肥まで作れてしますのです。

今日は自給用の野菜畑に肥えを入れたくて、床をもらいにお邪魔しました。

畑は僕の父ちゃんが「不耕起」で大事に10年くらいやってたとこを
「自給用の畑にくれ!」、、と無理矢理もらいました(笑)
名前のとおり耕しません。 

プロが10年育ててきただけあって土がスゴイです!
微生物が!!

その代りにいつも地表が見えないように有機物でマルチしてやります。
すると、土にいる沢山の微生物達が有機物を分解し、植物が吸収し良い状態にしてくれたり、新しい土を作ってくれます。
でもこの有機物マルチの作業、実は結構手間です。 よくサボっちゃいます。
しかし、頑張るとメッチャふかふかの土ができます!

「トラクターでは作れない微生物が耕した土」

カッコ良く言いすぎですか?
ま、そんなかんじです。

去年こぼれた種や実から、次の年に勝手にいろんな物が芽えてきてくれます。
ズボラなわしらにはホントありがたいことです。

エコライフ創造の日々、、 桜の山農場のブログ
玉ねぎ収穫した後やあいてるとこに豚糞と鶏糞を撒いてから
昨日刈った麦をしいて次の作付に備えます。

普段は他の作業に時間を取られて
畑はあまりかまえず、いつも適期を逃してパッとせん畑で、、
父ちゃんに後ろめたいのですが!

ちょっとやりだすと止まらないのが畑仕事です。

今年は良いコンディションをいつまで保てるか。。
ま、ボチボチ気張ってきます~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です