帰ってきたハイエース!

先日、セルモーターの不調で動かなくなってしまった我が家の天ぷらハイエース。
自分で修理しようかと思ってましたが、色々めんどくさくなってしまい、結局近所の仲良しの車屋さんにお願いしました。

バイパスのトンネルで止まった時と同じように、またトラックの背中にのってハイエースは運ばれて行きました。
心とサイフには中々厳しい現実であります(悲)

そしてハイエースはアッという間に元気になりました。
原因は聞いてビックリ!

「おそらく買入した当初からアースが接続されてなかったようです。」

「???」

意味が分かりません。
も~5年くらいフツーに乗ってましたけど?

写真を撮っててくれました。

桜の山農場のブログ
本来なら、握ってるケーブルをキチッとボルトで車体に固定することで電気が流れます。 

ボディーアースといって、バッテリーの-端子と車体(鉄部分)がつながってます。 +の電気をケーブルで持ってきて電装品につなぎ、-の方は車体の鉄部分につなぐことで、バッテリーの-端子ににかえすことで通電する、、、のかな?
毎度怪しい知識ですが、、

その、車体につなげてなきゃいけないケーブルが、、、

桜の山農場のブログ
こんな状態で車体に引っ掛かってるだけで5年間もの間、セルは回り続けてたのです。  上の写真と見比べると、引っかかってる部分が少しくぼんでるのが分かります。
5年分の震動が刻まれたのでしょう。。

修理が終わると、なぜかネジが1~2本余ってることは僕もよくあります。
今さら北海道の車屋さんに腹立てるきにはなりません。

逆に、この状態で今まで頑張ってくれてたハイエースに感謝の気持ちが溢れてきます。
「桜の山農場」のガタガタ道にも、広島→三重→舞鶴の高速道路にも、北海道の雪道にも負けず、我が家の本家でようやくその事実を告げた。。

きっと家のハイエース、エンジンの中にはピストンの代わりに根性が入っとるんでしょう。

手間や物語が増えるほど、思い入れは強くなり「愛車」へとなっていきます。(、、、嫁さんはより疑いの眼で見てますが!)

「車一台を作るエネルギーは、人が一生に消費するエネルギーより大きい」
ってどっかで聞いたことがあるよな無いよな。

大事に乗っていってあげたいです。

2 Comments

akamaru

SECRET: 0
PASS:
(≡^∇^≡)
原因究明おめでとうございます。
私もうれしいです。
それにしても よくがんばってくれていましたね。
八百万の神さまが ハイエースにも宿り
信じられない力を発揮していてくれたんですね。
感謝、感謝。

返信する
桜の山農場

SECRET: 0
PASS:
>akamaruさん
あざーーす!
結局熊本には行けなかったハイエースですが、また用事見つけて使ってやって下さい。 
天ぷら仕様で♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です